スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラスベガス最終日(4日目)

朝9時に起き、ベラッジオまで行き、朝食バッフェを食べました。

今日はラスベガスのプレミアムアウトレット(御殿場プレミアムアウトレットの系列)に行く計画です。

初めてアメリカのタクシーという物に挑戦しました。

グラビアアイドルでお馴染みのイエローキャブです。

070505-01.jpg


結局の所、普通のタクシーでなんの感動も無かったのですが、何とかプレミアムアウトレットに着くことができました。

ここのプレミアムアウトレットは、御殿場のプレミアムアウトレットと違い、男物の商品が多く、男も楽しめます。

ここのNIKEショップでは、日本ではあり得ないNIKE SBのシューズが普通に置いてあり、GETしました。

帰りもタクシーで帰るわけなんですが、タクシーをとめたら黒人のスキンヘッドのお兄さんでした。

しばらく乗ってますと、そのお兄さん、いきなりブツブツ独り言を言い始め、気性がが荒くなり、ハンドルを叩き出したり・・・。

何?何が起きてるんだ?何がお兄さんの気にさわったんだ??

と、ビクビクしながら荒い運転の中、無事ホテルに着きました。

妻がササッとチップを渡したら、180°性格が変わったように笑顔に・・・。


というわけで午後1時に帰宅したのですが、昨日のグランドキャニオンでの早起きが効き、少し眠ることにしました。



がばっ!!!!!

って起きたら、夕方6時になっていました。

今日は最後のラスベガスなのに・・・。

とりあえずストリップ通りに出て、お土産を買うことにしました。
前々から気になっていた、ハーレーダビットソンカフェへ。
070505-03.jpg

070505-04.jpg

070505-02.jpg


ロゴ入りのパーカー、ZIPPOを買い、ラスベガス最後のディナーに行くことにしました。

最後を締めくくるのは、パリスのバッフェ。
フランス料理が中心のバフェでした。

ここのローストビーフがたまらなくおいしかったです。


帰りにパリスのカジノに寄りました。
最後の夜ということもあって、奮発して$1スロットに座りました。

いつも通りがちゃがちゃやっていると・・・。
ものの一瞬で$40が消えてしまいました。

カジノって恐ろしいと思いましたよ。

ここのカジノは、スロットマシーンの上にフォード社のムスタングが景品として置かれていました。

やっぱり高額がけは向いてないと判断して、アラジンホテルに戻りました。

やっぱいつものカジノが落ち着くなーって思いながらスロットマシーンを始めました。

そしたら、背後から謎の欧米人が近寄ってきました。

「Are you Japanese?」

またかよっ!?

と、思いつつも

「YHA!!」

と、反射的に答えてしまう自分。

話してみると、どうやら「私は長崎の佐世保に2週間いました」とか、訳のわからない事を言ってきました。

どうやらこの人達は、ジャックポットが出るよって誘い、もしジャックポットが出たら分け前をもらうっていう根端らしいのです。

しばらくつきまとわれましたが、当たりが出ないと悟った為か、時計を見だし

「もう時間だから帰るね」と言い残し、消えていきました。

・・・が、また次の獲物を探し、徘徊していました。


一旦部屋に戻り、荷物を置いて、再度カジノに戻ってきました。

そしてスロットマシーン。

そしたら当たりがきました。

$20→$130になりました。


換金所に行って残りの$111を換金しようとしたら、$110しか帰ってきませんでした。

そして画面には

「DUE $1」

なんだ??

と、電子辞書で調べたら、賭博税と載っていました。

換金時に税金分引かれるという仕組みだったみたいです。

危うく係員を呼ぼうとしてしまいました。


なんだかんだで、夜中の2時半までカジノに入り浸っていました。

最後の寄らすベガスの夜を満喫です。


明日からはロスで行きます。


そういえば、帰ってきてものすごい「痔」になっていました。パンツの中が鮮血でビッショリ。
環境の変化に対応できなかったみたいです・・・。


スポンサーサイト
[ 2005/10/06 01:24 ] 婚旅 | TB(0) | CM(0)

ARE YOU JAPANESE?(3日目)

夜中の3時10分にホテル地下のタクシー乗り場からバス出発なんです。

シャワーとか浴びたいから、2時起きを計画。

そして23時就寝。

・・・・・・

1時に目が覚めちゃいましたから!!

この旅行中、全然寝れてせん。

前日夜買っておいた、アメリカンテイストなサンドイッチを食べながら午前3時を待ちました。


人通りの全くない、深夜の地下のタクシー乗り場。

メチャメチャ不安になってきます。

vegasu3-01.jpg


バイオハザードの街中みたいです。

不安になりながら、ようやく来たバスに乗り込み、発車するかと思いきや、まだ人が来る模様。

もう、3時半近いですよ・・・。

外を見てたら、3人組が来るではないですか。

30半ばくらいの女の人と、おばあさん2人。

そしたら、その30半ばくらいの女の人がおいらたちに向かって、

「年寄りなので、よろしくお願いしますね」

「は!?」

女の人去っちゃったよ!!

残されたおばあさん2人は、オイラの達の顔を見て第一声が、

「あ~~、よかった~~、

日本人がいて~~。」



その2人のおばあさんは、文京区出身の76歳。話の内容から推測すると、恐らく大富豪。今までに世界30カ国は回っているパワフルなおばあさん達です。

オイラ達   「30国もまわっているなんて、まだまだ若いですねー。」

おばあさん達「私たちは、いつも死ぬ覚悟で旅行しているんですよ。そうじゃないと、やってけませんよ」

すごいな、このおばあさん達。。。

おばあさん達「けど、今回の旅で一番嬉しかったのは、あなたたちに会えたことですよ。おばあさん達だけだから、どこ連れて行かれるかと思いましたよ。
あー、ほんと生きた心地がしたー。」

あんたら、死ぬ覚悟で旅行してるんじゃないのかよ・・・

けど、このおばさんたち、明後日にはおばあさん二人でメキシコに行くらしい。

よくも英語を喋れないのに、そこまで行動できるよな・・・。


空港に到着して、セスナへの搭乗手続きをとっていたとき、事件が発生!!

例のおばあさん達、

おいら達と同じツアーではなかった!!

つーか、じゃぁ何故同じバスへ??

どうやら、間違ってバスへ乗ってきてしまったらしい・・・。

本当は、全然別の中国人がバスに乗る予定だったのだけれども、なにを手違えたか、そこに迷い込んだおばあさん達が、バスに乗り込んでしまったらしいのだ。

結局、おばあさん達はオイラ達と同じセスナに乗ることができなく、数時間後のセスナで行くことになったようだ。

せっかく生きた心地がしたばっかなのに、そこからどん底へ。。。

なんともいえないぐらい、不安で悲しそうな顔でオイラたちを見ていたよ。。。


そして、朝方5時。セスナ離陸。

まだ、夜も明けきらず、ラスベガスの夜景を上空から見ることができました。

vegasu3-03.jpg


興奮しちゃって、全然寝れないです。

みんなぐーすか寝てるのに。

朝日が昇り始め、だんだんグランドキャニオンに近づいてきました。

vegasu3-02.jpg

vegasu3-04.jpg


出発から約1時間半後、到着です。

念願の グランドキャニオンです!!

と、セスナの扉を開け外に出た瞬間、

息が白いんです。。。

寒い、冷蔵庫並みの寒さです。

オイラ不覚にも結構薄着で、天下のグランドキャニオンでロンT1枚で挑んでしまいました。

しかし、上には上がいるとです。

隣を見ると、二人組みのアメリカ人っぽいおばさん達。

タンクトップです。

しかも

ガチガチ震えちゃってます。


まー、寒いのは最初だけで、日が昇ってからはだんだん心地よくなってきました。

vegasu3-07.jpg

vegasu3-08.jpg

vegasu3-09.jpg


みてくださいよ~、フォ~~。

この雄大さ!!この地層!!

なんと、世界の地質学は、このグランドキャニオンで大半のことが解ってしまうらしいのです。

そのぐらいすごいって事なんです!!

学生の頃の遠足での地層とはわけ違うんですよ!!


絵葉書やポスターなので使われている、シャッターポイントに数箇所案内してもらったのですが、2個目のポイントでなんと、

朝のおばあさん達と遭遇!!

どうやら、グランドキャニオンツアーが終わったら、ベガスで息子夫婦たちと落ち合い、市内観光をする予定だったのですが、おばあさん達が今参加しているツアー、

おいら達のツアーと違って、もっと奥地やいろんなところに行ってしまうツアーらしく、市内観光の時間までに戻れないんだそうです。

「息子に何回電話しても、つながらないんですよ。。。出てもすぐ切られるんですよ。。。」


 あんた達、完全に拒否られてるじゃないですか。。。


ということで、息子さんたちの泊まっている部屋の番号と、間に合わない、という伝言をもらいました。


あのおばあさん達、大丈夫なのかな・・・?


絶景堪能した後は、現地での朝ご飯(バイキング形式)です。


その中から、とてもどくどくしいモノを妻が運んできました。

karahuru.jpg


なんというか、オイラ初めてこんな食えないものを口にいれたとです。

もう、芳香剤のにおいなんです。

たぶん芳香剤食べたら、こんな味するんだろうなっ、ってな味です。

よく、アメリカ人はこんなものを食べれるなー、と思いましたよ。

しかも、朝一発目から!!


帰りのセスナでも、ナイーブなオイラはまたまた寝ることができなくって、目の下にクマをつけ、気分が悪くフラフラ状態で、そのままベットへ。。。

気付いたら4時間経っていました!!

おなかも減ってきたご様子なので、泊まっているホテルのブッフェ(Spice Market Buffet)にいってみることにしました。

アメリカのブッフェは、すごいんです。

もう料理も世界各国の料理はが置いてあるのは当たり前なんですが、来てるお客がものすごいと思いました。

なぜか最初に、カニを大皿に山盛りにして食らいつくんです。

その料が尋常な量じゃないんです。

しょっぱなカニ、二桁いってそうです。。。

そこで妻が日本ブースで、「Miso soup」というモノにひかれ、もって来ました。

その中には、薄い色のスープの中に、太ネギまではいかないけどでかめなネギ、乾燥豆腐。

食べてみると、そのスープはなんと、コンソメスープなんです。

外人さん。日本で本物の「Miso soup」を飲んだら、きっとびっくりしますよ。


おなかも満たされ、ショーをみる前にカジノで遊んでいくことにしました。

今までみみっちく賭けていたのですが、¢10、¢20と賭けていくことにしました。


しばらくしていると、おいらたちのところに、謎の中東人が現れました。

「ARE YOU JAPANESE?」

オイラ、あまりの急な出来事に

「YAH!!」

反射的に言ってしまいました。何事か解らず・・・。


そしたらmその謎の中東人が、ペラペラ話し始めました。

なんか、この台はダメだ!!って言ってるみたいです。

そして、おいらたちはその謎の中東人にとある台まで連れられ、

「JACKPOT GO!!」

と言い出したのです。


なんなんだ??
今この台をやればジャックポットがでるのか??
なんでこの謎の中東人はおいらたちにそんなおいしい台を教えてくれるんだ?
これは、日本人に対するサービスなのか?

とあれこれ考えていたら、隣でいきなり妻出しやがりました!!

250枚です。¢25×250枚=$62.5

中東人が、満面の笑みで後ろから拍手です。

なんか「モットヤレ!モットヤレ!!」

って言っている感じです。


さすがにおいら達怖くなり、中東人の目を盗んで部屋に一時退散しました。

いい人か悪い人かわからない中東人。

とりあえず、おいらたちにはいい人で終わりました。


そして、遂にストリップの時間になりました。

ショーの名前は「スキンタイト

旅行前に、

「やっぱベガスのショー見るなら、マジックとストリップだろー」

と勝手に思っていたおいら。

妻いても構いません。

こまめにいろんなストリップを探し、ベガス一、美形ぞろいというのにひかれ決定しました。


みなさん、アメリカのストリップというと、どんなものを想像しますか?

ポールダンスでしょうか?

いわゆるポルノ女優バリバリ感な女の人でしょうか?

世界びっくり人間に出てくるようなホルスタインでしょうか?

違います。

全然違いましたよ。

とりあえず、上のリンク貼っているところから、ストリーミング見ちゃってください。

やっぱり、寸評通り、メチャメチャキレイでしたよ。

全然どぎつい感じが無く、いやらしさが無く、なのにセクシーなんですよね!!

プロポーションもすごいいいんですよね。

胸もきれいでシリコンバレー(シリコンの渓谷)とは思えないくらいな胸なんですYO!!(形のいいシリコンの胸を生で見たことないからなんとも言えないのですが・・・。)

また、その美女性群のまわりを取り巻く3人のイケメン達も歌ウマしダンスウマしで、ショー全体も引き締まります。

音楽もロックな感じでかっこよかったし、最高でしたね(中座の時のMCが英語で全然聞き取れなかったことが悔やまれます。


終始盛り上がり、最後にロビーでメインの人と2ショットで写真を撮ってもらい帰りました。



vegasu3-11.jpg
ベガスのとある下着屋さん(エロすぎ)

vegasu3-10.jpg
ミラージュの火山ショー(無料)
[ 2005/10/05 23:08 ] 婚旅 | TB(0) | CM(0)

彼には消せないものはなさそうです(2日目)

朝起きました。

というか昼ですYO。

全然睡眠とってないから、ものすごい深い眠りについていしまった・・・。

あぁぁ、貴重な半日が。。。

ラスベガスでは、3時間以上寝たら、寝すぎだそうです。

それぐらい遊べよ!!

それぐらい金落としていけよ!!
 

と、言う事らしいです。


ちなみに今日慣行しなくては行けないミッションがあります。

チケット引き換えです。

ショーです。ショーのチケットです。

ラスベガスといったら、カジノもそうだけど、やっぱりショーでしょー(素)

旅行行く前に、日本で予約したんですよ!!自分で予約すると仲介手数料というのがかからないみたいで。


なんのショーかと言いますと、マジックショーとストリップショーです♪

現妻とまだ結婚する前に、(数人と)一緒にオカマバーに行き、妻の前でとあるオカマのフィリピーナにマジ惚れしてしまった経歴を持つオイラですから、ハネムーンでも行かしてもらいます。


期待を膨らまして、まずはMGMグランドというホテルへ。

その前に、腹ごしらえをしなければ。。。

「そうだ、マックへ行こう」

JR風に言ってしまいましたが、やっぱり本場の味ってのを食して見たいもんですよ。

ということで、ホテルを出てストリップ通りを歩くこと数分、

珍しいものを発見しました。

vegasu2-01.jpg


どうなんでしょう、この価格設定。。。

普通が3ドル、練乳がけが4ドル。

アメリカ人が、氷ごときに3ドルも4ドルも出すとは思えませんが。。。

お客も全然いませんでしたし。


軽く素通りしたら、遂に着いていしまいましたよ。

本場のマックに!!

マックは英語が喋れないおいら達には親切です。

セットメニューは番号で言えばいいし、ドリンクはフリードリンクだし。

けど実はオイラ、マックでもテンパり、ドリンクをぶちまけてしまったとです。

しかも同じ場所で2度も!!

そんで頼んだのはこれ
vegasu2-02.jpg


妻はただのチーズバーガーを頼みました。

オイラは昨日ステーキを食べたので、チキンにしました。

「クリスピー プレミアム チキン(トマト抜き)」

日本でいう「チキンフィレオ」でしょうか?


チーズバーガーは、日本のに比べたら断然おいしいですね。チーズバーガーなのに、なぜかジューシーで。

何が入っているんでしょうか。。。

そんでもってフライドポテトが旨いんです。

なんていうんでしょうか、全然違うモノです。

ずっとサクサクしているんですよね。

日本のポテトは、時間が経つとすぐヘナヘナになってしまって、油が浮き出てしまって美味しくないんですがね。。。

はっきり言って「美味」です。

この歳になって、マックが旨く感じるとは思いませんでした。

なんていったって、昨日のレストランと違って気軽だしね☆


にしても、歩いてくる人どれもこれも

金髪、巨乳、SEXY

なんですよ。殺人的に。

もれなくFカップがついてくる、みたいな。


これだったら、住んでも悪くないなぁ・・・、というのは正直なところ。



そしてMGMグランドに着きました。

ここで、まずマジックショーのチケットを引き換えます。

マジックショーって、どんなショーかと言いますと、

なんと、

世界的イリュージョニスト

デヴィット カッパー フィールド!!

いやー、チケット高かったとです。(1人100$くらい)


けど、とある噂を耳にしました。

「ドレスコードが厳しく、男性は襟付き、ジーパンNG」

ちょっと、

おいらジーパン、Tシャツしか持っていませんからーーー

ということで、フロントにいって、この服じゃだめか?

ということを聞きにいくことにしました。


それにしても広いMGMグランド。

ここはよく、迷うホテルで有名なんだそうです。

たしかに、入り口入ってフロントまで行くのに5分くらい歩いたような感覚でしたw

そして、フロントに着き妻がカタコトな英語で聞きました。

そしたら、そのフロントの人、

「ユー アー カジュアルドレス、OK」

みたいなことを妻に言っていた。

カジュアルドレスといっても、普段着のことだけど。


けど、おいらはTシャツにジーパンなんですよー。

とっさにおいらも間を割って、

「I'm OK?」

と、聞いてみた。

そしたら、

「You are fine!!」

おぉぉぉぉ、よかったーー

門前払いされるかと思って内心冷や冷やしてましたよぉ。


そんなこんなで無事チケット引き換え、ドレスコードOKということで一安心。


次は正反対の場所のハラスというホテルにチケット引き換え。

ストリップです。「SKINTIGHT」というショーです。

寸評では、容姿はラスベガスNo.1という噂らしいのです。

どっちかっていうと、結構メインな割合なんですよね。そのショー。



チケット引き換えも両方とも終わり、ブラブラすることにしました。


とりあえずさらに先のベネシアンというホテルへ。


このホテルは中に水路とかあるんですよ。

vegasu2-04.jpg


さすがに あの船は乗りませんでしたけど!!

vegasu2-05.jpg


お姫様もいましたよ。

vegasu2-06.jpg


目とか合っちゃいましたよ!!


そんでですね、ちょっとしたモールになっているんですけど、そこにマジック用品のお店があったんですよ。

そしたら、中にいる青年(店員)に目で誘われカウンターのところまで。

そして、他にも外人さんの夫婦も誘われて一緒にマジックを見せてもらうことにしました。

その青年(店員)、いや、マジシャンとでも呼びましょうか。

目の前で、カードとかコインとか、空中に浮かすじゃないですか。しかも生き物のように動かすじゃないですか!!

しかも、そのカードとかコイン、俺らの所持品ですよーーー。

となりの外人さん、リアクション芸人並に驚いていましたよ。

てか、おいらも度肝を抜かれたんですけど。

その勢いで買ってしまいましたよ。

英語も読めないのに!!

小銭が足りなくて、おばさんがサービスしてくれました。

精算後、その青年が手招きしているではありませんか!!

そしたら、本棚がガーと開いて隠し扉になっているじゃないですか・・・。

その謎の小部屋に閉じ込められ、なんと、青年からさっきのマジックの種明かしを教えてもらいましたよ。

うわーー、そーなっちゃっていたのかYO!!

さすがProでした。

おぃおぃ、今夜デヴィット見るっていうのに、今からこんなにびびっていて、どーしよ。。。



夜ご飯の時間になりました。

今回はホテルのブッフェ(バイキング)に使用としたのですが、あまり空腹ではない為、2連続ファーストフードに決定となりました。

と、歩いているとバーガーキングを発見。

湘南に住んでいたとき、海岸線にあったんですが、行く前に潰れてしまって、心残りだったんですが、ようやく夢が果たせそうです。

もちろん頼み方は「No.○」

妻が、ファンタオレンジを頼んだのですが、それ見てびっくり。

色がオレンジジュースじゃないのです。

なんというか、赤に近いオレンジ。蛍光色みたいな。

←こんな色

もー、ほんとアメリカンですよ!!


アイスティーとか飲みたいんですけど、炭酸しか置いてません><

けど、最初のマックに比べてみればだいぶ手馴れたものです。

味はマックより美味しいかったです。


街を歩いていて思ったのですが、アメリカの交通ルールがよくわかりません。

赤信号でも右折していいというのが・・・。

歩行者のマナーも大阪人以上に悪いですね。

平然と赤信号(幅50mくらいの道路の)を渡ってしまうのですから。。。


と、楽しみながら時間を潰し、遂にマジックショーの時間になりました。


ドレスコードはどんなもんだろう・・・、と恐る恐る行ったのですが、ハーフパンツでTシャツの外人さん多っ!!

なんかオイラたちの前に座っている日本人カップルの男。

びびってジャケット買ってきて、着てきた模様。


と、そうこうしているうちに始まりました。


つーか、デヴィット、

あんたすげーよ。

やっぱ一流だよ!!

内容をこと細かに書こうと思ったのですが、どうやっても伝えられないのです。

見てくれ!!

と、言いたい。


何もないところからいきなり現れて、会場の度肝を抜いたと思えば、ステージ上にバイクや車を出したり、アヒルの人形を本物のアヒルにしたり、大勢の人を一瞬で消したり、海外まで瞬間移動させたり自分も消えてみたり・・・。

目の前で起きているのに、全くもってわからないのです。

どうやって、消えたのか。

消えた人にしかわかりません。


最後にはスタンディングオベーションです。

いやー、TVで見ていたあーゆーイリュージョンは、カメラのトリックかなんかで、全然信じていなかったのですが、こう目の前で見せられると、信じるしかないです。

彼に、うちの会社を消してもらいです。。。


約2時間、驚かされ疲れました。

明日は午前3時にグランドキャニオンツアーへ出発しなければなりません。

あぁ、今日も寝れなそうだ。。


3日目に続く。。。
[ 2005/09/28 00:34 ] 婚旅 | TB(0) | CM(0)

初めての海外(1日目)

みなさん、お久しぶりーです。

やっと、更新するこになりました。。。


さてさて、もう一週間も前ですよ。



披露宴、2次会、3次会、超ーーーー盛り上がって、ほんとにみんなありがとーー。

と、興奮冷めやらず、その夜は3時間ほどしか眠れませんでした。


静岡駅を10時に出ていざ成田へ。

久しぶりに新幹線という乗り物に乗ったんですが、あいつは速いですね。びっくりしました。

東京まで1時間で行けちゃうわけなんですよ。1時間ですよ!!

東京から成田までの成田エクスプレスと同等ですよ。。


うちから、10キロ先の会社を往復したのと同じです。


と、あっという間に成田に着いたんですが、搭乗30分くらい前にアナウンスが入ったんです。

「悪天候の為、天気が回復するまで搭乗見送り」だと。

ロビーから外の景色がガラス張りで見えるのですが、外はほんとに嵐です。

雷は見えるは、横殴りの雨だは・・・。


行く前から、不穏な感じです。

初めての海外だっていうのにぃ。


そして、無事に乗る事はできたんですが、離陸してちょっとしてから気流の乱れ。

飛行機がもうエンドレスで縦揺れ。

飛行機の翼もぐわんぐわんしなっちゃっているし、大丈夫かよ。。。

そんな揺れの中での人生初機内食は、

vegas1-03.jpg


こんなんでした。


「機内食はおいしくない」

とまわりには聞いていたのですが、これがまたオイラの口に合う合う。

「おかわり」と言い出したい感じにおいしいと思いました。

 
 にしても、初国際線だったのに、J○Lのスッチーレベル低っ!!ってがっかりしてしまいました。なんかおばさんっぽい人ばっかりなんですもの、


 そして、興奮のあまり一睡もできないまま、ついにラスベガスに到着したわけなんです。


 vegas1-01.jpg

ベガスです!!!

vegas1-02.jpg

VEGASです!!!

ってか、外人多!!


ホテルにチェックインしにいったんですが、オイラ気づいたことがありました。

英語が恐ろしく理解できないとです。。。

その傍ら、妻はなんとか理解返答ができちゃっているわけなんです。

「妻、すげぇ!!」

と、関しながら

「きっと迷子になったら、

一生日本に帰れないんだろーなー」


ということを悟ってしまいました。


部屋に入ったら、即ダウンでした。

原因はパーティーの夜の睡眠不足+飛行機の中で一睡もできなかったこと+時差ぼけです。(時差17時間)

そして、夕方からは現地で頼んだ市内バスツアー観光に行ってきました。

ラスベガスのホテルではいたるところで誰でも見れる無料のもよおしものがたくさんやっているのです。

RIOというホテルで、ブラジル系なサンバなダンスのショーをみて、免税店に行き、フリーモントストリートのアーケードの下のスクリーンのショー
vegas1-04.jpg


を観て、ストラトスフィアーという最上階にタワーがあるホテルのタワーに上り、
こんな乗り物に乗ってみました。

vegas1-05.jpg


つかつか、ベガスの夜景はすごいんです。

今まで夜景と言ったら静岡の山原、湘南平、名古屋の栄、北海道の函館、などなどだったんですが、ここは別格でしたよ。

vegas1-06.jpg

360度どこを見回しても綺麗なんです。
しかも地平線まで明かりがあるの。

あー、ここは自由の国アメリカなんだなー、ビックスケールなんだなーと、しみじみ思ってしまいます。

ツアーも終わり、メインのストリップ通りに帰ってきたら、夜のベガスにすっかり変わっていたとです。

vegas1-07.jpg

vegas1-08.jpg

vegas1-09.jpg

どーですか、ベガスは!?
vegas1-10.jpg

ちなみにこれは有名な噴水ショーです。

初日からベガスを堪能して、ディナーの時間になりました。

どこへ行っていいのかあまりわからないので、とりあえず泊まっているホテルの中にあるホットドックで有名なPINKSの『zanzibar cafe』という所に行きました。

 受付のお姉さんに「Smoking?」と聞かれ「Yes」と答えたんですが、なんかびっくりした様子で先に案内されました。

 どうやらアメリカでは日本人は10歳くらい若く見られるらしいのです。

 席に着き、店員の人にメニューをもらいました。

 まってました。ALL 英語ですw

 
 単語が、ところどころしかわかりませぬ。

 とりあえずオイラは、アメリカに着たらとりあえず肉でしょう!!という安易な考えでステーキを頼もうとしたんですが、日本感覚で頼んでしまったら大変なことになると聞いていたので、ここは慎重に。

「お!!よさげな品発見!!」

 『flat iron Steak』

 なんか薄そうなステーキっぽいじゃないですか。

 アメリカの薄いは、日本で言うちょうどいいんじゃないかな~?

 と、頼みました。


 待つこと数十分。アメリカのレストランは待たせるワイ。

 
 目の前に出されたのは3cmほどの分厚いステーキに、尋常じゃない量の(どんぶり大盛りぐらいの)付け合せのマッシュポテト。。。


 アメリカ恐るべし

 妻が持ってきた電子辞書で調べなおしました。

 falt iron = 平坦な

 と書いてありました。

 焼き面がフラットなだけじゃないですかーーー

 なんかきょどる一方なおいらたち。まわりをちらちらみながら。

 全然落ち着かない。。。味もわからない。。。

 
 電子辞書を引きまくり、結局出たのが

 「check,please」

 これが限界です。


 食事も終わり、大事なミッションが残されていました。

 チップです

 そう、ここはアメリカ社会。

 チップが常識なんです。


 最初に旅行会社の人が、「レストランは金額の15~20%です」といわれていたのですが、渡すタイミングを聞くのを忘れていました。


 どうやって渡すんだろう。


 そこから、まわりの動向をチェックです。

 万引きGメン張りにチェックしました。

 が、しかし、チップを渡してる風景が見れません。


 結局最後までわからず、2人で討論した結果、明細ケースにはさむという答えにおちつきました。

 そしてそそくさと退散してきました。


 帰りに初カジノにより、ちょっとだけやって部屋に戻りました。

 

 2日目に続く・・・。
[ 2005/09/25 03:15 ] 婚旅 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。