スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

昨日の勢いを失わせない為に

 体がだるいですが、更新します、はい。

 今日は、オイラに取り巻く音楽環境についてなんぞを書きたいわけなんです。

 というのも、昨日のブログで初めて買ったCDなんかの話をちょこっと書いたら、懐かしくその頃がフィードバックしてきて、

 「音ネタ書きてぇ」

 なんて思ってしまいました。


 一昔前のオイラの音楽への考え方は、

 カラオケがあって、この音楽業界が動いている。。。

 と、勝手に豪語していました。


 例えば、しっとりバラードでいい曲なんかは、いい曲なんですが、そういう歌より、アップテンポでみんなが盛り上がるような歌が売れていた、みたいな。


 中学、高校、大学始めと、オイラはカラオケにあけくれていました。

 「暇だな・・・、カラオケ行っか。」

 昔はTVっ子だったオイラは、月曜はHEY×3 水曜はうたばん 金曜はMステってな具合で歌番組を網羅していたんです。

 新譜=カラオケの掴み

 という概念があったんですね。


 例えば、女の子とカラオケに行ったときに、

 「この曲歌ってよー」

 なんて言われた日には、

 「あーこの曲しらないんだよね・・・。」

 なんぞな言葉は言ってられない!!って思っちゃってました。

 友達とは新譜の取り合いなんです。新譜を一通り歌いきったのち、懐メロなんかでミスチルなんかを歌うわけなんです。

 幸いなことに、実はオイラは声量があり、なかなか声が高いので、B'z楽勝、X-JAPANかかって来いくらいな感じで、友達が歌いたくても歌えない高音の歌を歌い持ち歌を増やしていました。


 そんな生活が徐々に失われていったのは20歳前でしょうか。


 幕張で開かれた「東京オートサロン」で初めて見た「パラパラオールスターズ」

 やつ等を見て、変わってしまったのです。

 
 その時に一緒に行っていた友達と、

 「パラパラ始めるか」

 それからというものパラパラビデオを集め、ユーロCDを集め、車を運転するときには、ユーロやテクノを爆音でかけて走るという、今考えてみたらコテコテで恥ずかしいことをやってのけていました。


 それから少したち、初めてPCを買ったのです。

 そしたら今までTVっ子で、ゲーム大好きなオイラが、TVをみなくなり、ゲームもやらなくなり、PC一筋になってしまったのです。俗に言うPCオタクでしょうか。

 TVをほとんど見ることもなく、新しい芸能人や、新しい歌なんてのは、ほぼ全く無縁の状態になってしまいました。

 ほんとに新しい歌がわからなく、カラオケなんかはホテルのカラオケぐらいしか歌った記憶しかないくらいです。

 忘年会シーズンになり、

 「よし、新曲でも覚えるか!!」

 なんて意気込んで、覚えようとするんですが、覚えられないのです。


 最近の曲が難しい曲が多くなったのか、歳が関係して覚えが悪くなっているか、定かではないんですが(恐らく両方)だめなんですよね。


 若い頃は、すぐ覚えられたんですが、最近は曲を覚えてる暇もなく、それほど情熱も無くで、

 「いやー、最近の歌は全然わかんないんだよなー」

 なんて、ちょっと前に親父が言っていたセリフを、まさかオイラが言ってしまうとは・・・、と一抹の悲しさを感じるわけなんです。

 歳をとったから、ついていけない。というのではなく、それに対しての情熱が欠けたから、ついていくだけの力が出ないと言うのが正解でしょう。

 歳をとったって情熱があれば、ムフフな趣味やら、バイクやら、PCやら、ついていけるわけなんですから。

 ちょっと前にも、プリクラを撮りに行った時、まわりにいるのは高校生くらいの若人達。かたや、もう少しで四捨五入したら三十路なオイラ。

 なんか怖かった・・・、若い人たちに視線が。

 言ってはいないのですが、聞こえるのです。

 「いい歳して・・・。」


 そうやって、老いていくのでしょうか・・・。

 あと数ヶ月でオイラも25歳。

 もうすぐシニアの人たちの仲間入りです。。。

 
 若く生きたいものですね。
 
関連記事
スポンサーサイト
[ 2005/04/18 22:47 ] 芸能 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kstyle0518.blog9.fc2.com/tb.php/102-7dd1461d










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。