スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

とある伊豆のキムチ屋

会社の先輩に、会社の帰り道に美味しいキムチ屋さんがあるというのを教えてもらったので、早速寄ってみました。




100303-01.jpg
本場 錦山キムチ (ホンバ クムサンキムチ)


大きな地図で見る

各種キムチの他に、韓国語のパッケージの商品がいくつかあり、お店の(たぶん)韓国人のおばさんにこれは何?と聞くと、
「コレハ コチュジャン。ブタバラ ニ コチュジャン チケテ ヤサイト タベタリ ナベニ イレタリ スルヨ。」
「コレハ イワシ ノ エキスヨ。キムチ チケルトキ スコシ イレルヨ」

「つける」が「チケル」と言っていたのが印象的でした。


100303-02.jpg
左:チャンジャ(850円) と 右:白菜キムチ(530円)を買いました。

100303-03.jpg  100303-04.jpg
この赤々とした色とニオイが、食欲を増大させます。

100303-05.jpg
キムチは、口に入れると「甘めじゃん」と一瞬思った矢先、顔中から汗が吹き出します。
ガツンと辛い。顔から赤い汗が出そうです。
辛味、酸味、甘味、旨味が口の中いっぱいになります。

チャンジャ(タラの胃袋)は、コリコリの食感で、噛む度にウマさが噴出してきます。
丸い容器の写真に白い塊みたいなものが見えますが、にんにくです。
噛むとゴリっていうくらいの大きさです。

もう、口の中はまさに大韓民国。
ご飯無しでは食えません。
そして、ご飯のススミのスピードが尋常じゃありません。


まずこれらを食い切って次に行ったときは、カクテキ(大根キムチ)とオイキムチ(胡瓜キムチ)を買おう。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/03/03 22:40 ] 食べ物 その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kstyle0518.blog9.fc2.com/tb.php/1044-e1b09375










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。