スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

父の定年祝い

正月、父の還暦祝いで、食事会に招待しました。


妹が名古屋で接客業をやっている関係上、なかなか家族で集まることが出来ず、最初はみんなで旅行でもと考えていたんだけど、休みも合わず、食事会という形になりました。

110101-01.jpg
場所は、ホテルセンチュリー静岡の「鉄板焼けやき」にて。

110101-02.jpg
チビスケがいるので、落ち着いて食事会を過ごすために個室を予約。

110101-05.jpg  110101-06.jpg
序盤は、目の前で焼かれる食材に興味深々でしたが、やはり2時間は耐えられず、部屋内を動き回ってしまいました。
個室にして正解。個室代もばかになりませんが、まわりのお客さんに迷惑をかけてしまうと考えたらしょうが無いです。

110101-03.jpg  110101-04.jpg
初めて鉄板焼きという物を体験しましたが、見て美味しい、匂いで美味しい、味で美味しいという幸せな時間を過ごしました。

会の終盤での、父からの言葉に感動。
「42年間働いてきて、なにより嬉しかったのが、子供達が何事も無く社会人になってくれたことと、可愛い孫ができたこと。
 そして、ここまで自分が頑張れたのは、お母さん(妻)がいてくれた事。
 みんなに感謝している。」

ちなみに、うちの母さんは自由人だ。
父さんが定年退職の日、何故か友達と韓国旅行に行ってしまう人だ。
父さんは、家で一人寂しい日を過ごしたらしい。

趣味の無い父さんと違い、旅行にダンスに遊びに、人生を謳歌している。

ただしっかり、おばあちゃんの介護もメインで頑張っている。


自分の記念日で、自分が主役のはずの父さんは、最後まで自分のことより家族のみんなの事を考えていた。

その言葉が、父としての大きさがしみじみ心に響いた。


食事会帰宅後、母さんに年賀状の作成を頼まれた。
食事会で撮った家族の集合写真を使ってと頼まれ、作って見せたら、
「なんか、お父さんがメインだから嫌だな。別の写真にしたいな。」

その言葉に、母は自由人だと改めて再認識させられた。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/01/05 00:33 ] 生活 | TB(0) | CM(2)

イイ記事だナ。
本当に良い時間を過ごしたようで。

鉄板焼きは、五感で味わうのがイイね。
オレも、結婚記念日に行こう行こうと思いつつ、早9年。

[ 2011/01/05 20:33 ] [ 編集 ]

>元ポニー
良い肉を焼いたときの脂の匂い。
未知の匂いだったな。

[ 2011/01/05 22:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kstyle0518.blog9.fc2.com/tb.php/1178-63701729










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。