スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

絵本は楽しい

保育園の保育参観があった。
子供の保育園での様子や、1年の成長を見ることができた。

その後、保育園で絵本作家の宮西達也さんの講演会を開いてくれたので、参加してきた。
120225-01.jpg
絵本の読み聞かせをしながらの講演。
ユーモアたっぷりの講演で、終始笑いが絶えなかった。
子供にたくさん絵本の読み聞かせをし、心の豊かな子供になってもらうことが大事なんだと。


講演を聞きながら、「絵本は自分で読むより、読み聞かせてもらうのが楽しい」と、ふと思った。

絵本を子供に読み聞かせる時、文字を読むことに集中してしまう。
ひらながだらけの文章で、大人にとってはかなり読みにくい。
正直あまり内容も頭に入ってこない。
子供は自分お気に入りの絵本を毎日毎日持ってきて、これ読んでとせがんでくる。
読んだ後、「もう一回!!」とエンドレス。

疲れていると、「またかよ!!」とか、「ちょっと面倒くさいな」、って思ったりもする。


今回読み聞かせをしてもらって、絵本の面白さに気づいた。
読み聞かせてもらっている時の目線は、絵本の絵にいく。
文章は耳から入ってくる。
今まで目に入らなかった細かいところの絵まで見れる。
絵本の世界にどっぷり浸れる。

絵本は読み聞かせてもらうのが楽しい。


チビスケ、になるべくたくさんの絵本を読んであげようと思った。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/02/25 21:09 ] 生活 | TB(0) | CM(2)

宮西達也氏の本は、面白いナ。

オレは、泣いてしまう。

http://koshikoshi.dreamlog.jp/archives/51932832.html
[ 2012/02/25 23:51 ] [ 編集 ]

>元ポニー
講演中の読み聞かせで、何回か目が潤んだ。
親になったからだと思う。
[ 2012/02/26 07:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kstyle0518.blog9.fc2.com/tb.php/1404-71c71775










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。