スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

和食のススメ

 読者たちは「道頓堀」という、お好み焼き&もんじゃ焼き屋を知っているかな?もんじゃ焼きは静岡駅南の通りを南に進んで左側に薬屋の交差点を右に曲がり、すぐの所の「月島」が最高なんだけど・・・(全くの俺の勝手な意見)。
 とりあえず、今日はとってももんじゃ焼きが食いたい気分で、チェーン店で値段の安い「道頓堀」(お客が来店したら、「ぽんぽこぽ~ん」と従業員が連呼する店)に行った。
 そこで気になったもの。お好み焼きなんだけど、夏季メニューの「馬力焼き」。具には豚肉、あげ玉はは当たり前、納豆、キムチ、ニラ、にんにく、と、スタミナもんもんヨロシク!!といったモノ。そんな怪しいうさんくさい、スタミナつけばなんでもありだろ!!というモノに心動かされる俺。たちまち注文。
 焼いている途中、キムチと納豆の焼ける香ばしい香り?もう、俺の胃はアドレナリン放出。そしていざ食す。
 
「・・・。」

ホントに「・・・。」なんだ。もう納豆の味が、叶姉妹のパーフェクトBODY並に、ドギツク主張してくる。納豆は焼いても粘るんだ。ねばねばするお好み焼きだ。少し食べてからふと思った。「俺は今、腹を満腹にしているだけだ・・・。」と。
 しかしだ、そこが納豆パワーなのか、あまりの空腹での食物のため味覚神経が麻痺したのかわからないけど、食べていくにつれなぜか止まらない。はまっている、確実に。この何でもアリな食べ物にはまっていく。もう二度と食べることは無いだろうけど、みんなにはその不思議な体験をススメたい。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2004/08/21 11:01 ] 食べ物 その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kstyle0518.blog9.fc2.com/tb.php/234-c0496a13










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。