スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ARE YOU JAPANESE?(3日目)

夜中の3時10分にホテル地下のタクシー乗り場からバス出発なんです。

シャワーとか浴びたいから、2時起きを計画。

そして23時就寝。

・・・・・・

1時に目が覚めちゃいましたから!!

この旅行中、全然寝れてせん。

前日夜買っておいた、アメリカンテイストなサンドイッチを食べながら午前3時を待ちました。


人通りの全くない、深夜の地下のタクシー乗り場。

メチャメチャ不安になってきます。

vegasu3-01.jpg


バイオハザードの街中みたいです。

不安になりながら、ようやく来たバスに乗り込み、発車するかと思いきや、まだ人が来る模様。

もう、3時半近いですよ・・・。

外を見てたら、3人組が来るではないですか。

30半ばくらいの女の人と、おばあさん2人。

そしたら、その30半ばくらいの女の人がおいらたちに向かって、

「年寄りなので、よろしくお願いしますね」

「は!?」

女の人去っちゃったよ!!

残されたおばあさん2人は、オイラの達の顔を見て第一声が、

「あ~~、よかった~~、

日本人がいて~~。」



その2人のおばあさんは、文京区出身の76歳。話の内容から推測すると、恐らく大富豪。今までに世界30カ国は回っているパワフルなおばあさん達です。

オイラ達   「30国もまわっているなんて、まだまだ若いですねー。」

おばあさん達「私たちは、いつも死ぬ覚悟で旅行しているんですよ。そうじゃないと、やってけませんよ」

すごいな、このおばあさん達。。。

おばあさん達「けど、今回の旅で一番嬉しかったのは、あなたたちに会えたことですよ。おばあさん達だけだから、どこ連れて行かれるかと思いましたよ。
あー、ほんと生きた心地がしたー。」

あんたら、死ぬ覚悟で旅行してるんじゃないのかよ・・・

けど、このおばさんたち、明後日にはおばあさん二人でメキシコに行くらしい。

よくも英語を喋れないのに、そこまで行動できるよな・・・。


空港に到着して、セスナへの搭乗手続きをとっていたとき、事件が発生!!

例のおばあさん達、

おいら達と同じツアーではなかった!!

つーか、じゃぁ何故同じバスへ??

どうやら、間違ってバスへ乗ってきてしまったらしい・・・。

本当は、全然別の中国人がバスに乗る予定だったのだけれども、なにを手違えたか、そこに迷い込んだおばあさん達が、バスに乗り込んでしまったらしいのだ。

結局、おばあさん達はオイラ達と同じセスナに乗ることができなく、数時間後のセスナで行くことになったようだ。

せっかく生きた心地がしたばっかなのに、そこからどん底へ。。。

なんともいえないぐらい、不安で悲しそうな顔でオイラたちを見ていたよ。。。


そして、朝方5時。セスナ離陸。

まだ、夜も明けきらず、ラスベガスの夜景を上空から見ることができました。

vegasu3-03.jpg


興奮しちゃって、全然寝れないです。

みんなぐーすか寝てるのに。

朝日が昇り始め、だんだんグランドキャニオンに近づいてきました。

vegasu3-02.jpg

vegasu3-04.jpg


出発から約1時間半後、到着です。

念願の グランドキャニオンです!!

と、セスナの扉を開け外に出た瞬間、

息が白いんです。。。

寒い、冷蔵庫並みの寒さです。

オイラ不覚にも結構薄着で、天下のグランドキャニオンでロンT1枚で挑んでしまいました。

しかし、上には上がいるとです。

隣を見ると、二人組みのアメリカ人っぽいおばさん達。

タンクトップです。

しかも

ガチガチ震えちゃってます。


まー、寒いのは最初だけで、日が昇ってからはだんだん心地よくなってきました。

vegasu3-07.jpg

vegasu3-08.jpg

vegasu3-09.jpg


みてくださいよ~、フォ~~。

この雄大さ!!この地層!!

なんと、世界の地質学は、このグランドキャニオンで大半のことが解ってしまうらしいのです。

そのぐらいすごいって事なんです!!

学生の頃の遠足での地層とはわけ違うんですよ!!


絵葉書やポスターなので使われている、シャッターポイントに数箇所案内してもらったのですが、2個目のポイントでなんと、

朝のおばあさん達と遭遇!!

どうやら、グランドキャニオンツアーが終わったら、ベガスで息子夫婦たちと落ち合い、市内観光をする予定だったのですが、おばあさん達が今参加しているツアー、

おいら達のツアーと違って、もっと奥地やいろんなところに行ってしまうツアーらしく、市内観光の時間までに戻れないんだそうです。

「息子に何回電話しても、つながらないんですよ。。。出てもすぐ切られるんですよ。。。」


 あんた達、完全に拒否られてるじゃないですか。。。


ということで、息子さんたちの泊まっている部屋の番号と、間に合わない、という伝言をもらいました。


あのおばあさん達、大丈夫なのかな・・・?


絶景堪能した後は、現地での朝ご飯(バイキング形式)です。


その中から、とてもどくどくしいモノを妻が運んできました。

karahuru.jpg


なんというか、オイラ初めてこんな食えないものを口にいれたとです。

もう、芳香剤のにおいなんです。

たぶん芳香剤食べたら、こんな味するんだろうなっ、ってな味です。

よく、アメリカ人はこんなものを食べれるなー、と思いましたよ。

しかも、朝一発目から!!


帰りのセスナでも、ナイーブなオイラはまたまた寝ることができなくって、目の下にクマをつけ、気分が悪くフラフラ状態で、そのままベットへ。。。

気付いたら4時間経っていました!!

おなかも減ってきたご様子なので、泊まっているホテルのブッフェ(Spice Market Buffet)にいってみることにしました。

アメリカのブッフェは、すごいんです。

もう料理も世界各国の料理はが置いてあるのは当たり前なんですが、来てるお客がものすごいと思いました。

なぜか最初に、カニを大皿に山盛りにして食らいつくんです。

その料が尋常な量じゃないんです。

しょっぱなカニ、二桁いってそうです。。。

そこで妻が日本ブースで、「Miso soup」というモノにひかれ、もって来ました。

その中には、薄い色のスープの中に、太ネギまではいかないけどでかめなネギ、乾燥豆腐。

食べてみると、そのスープはなんと、コンソメスープなんです。

外人さん。日本で本物の「Miso soup」を飲んだら、きっとびっくりしますよ。


おなかも満たされ、ショーをみる前にカジノで遊んでいくことにしました。

今までみみっちく賭けていたのですが、¢10、¢20と賭けていくことにしました。


しばらくしていると、おいらたちのところに、謎の中東人が現れました。

「ARE YOU JAPANESE?」

オイラ、あまりの急な出来事に

「YAH!!」

反射的に言ってしまいました。何事か解らず・・・。


そしたらmその謎の中東人が、ペラペラ話し始めました。

なんか、この台はダメだ!!って言ってるみたいです。

そして、おいらたちはその謎の中東人にとある台まで連れられ、

「JACKPOT GO!!」

と言い出したのです。


なんなんだ??
今この台をやればジャックポットがでるのか??
なんでこの謎の中東人はおいらたちにそんなおいしい台を教えてくれるんだ?
これは、日本人に対するサービスなのか?

とあれこれ考えていたら、隣でいきなり妻出しやがりました!!

250枚です。¢25×250枚=$62.5

中東人が、満面の笑みで後ろから拍手です。

なんか「モットヤレ!モットヤレ!!」

って言っている感じです。


さすがにおいら達怖くなり、中東人の目を盗んで部屋に一時退散しました。

いい人か悪い人かわからない中東人。

とりあえず、おいらたちにはいい人で終わりました。


そして、遂にストリップの時間になりました。

ショーの名前は「スキンタイト

旅行前に、

「やっぱベガスのショー見るなら、マジックとストリップだろー」

と勝手に思っていたおいら。

妻いても構いません。

こまめにいろんなストリップを探し、ベガス一、美形ぞろいというのにひかれ決定しました。


みなさん、アメリカのストリップというと、どんなものを想像しますか?

ポールダンスでしょうか?

いわゆるポルノ女優バリバリ感な女の人でしょうか?

世界びっくり人間に出てくるようなホルスタインでしょうか?

違います。

全然違いましたよ。

とりあえず、上のリンク貼っているところから、ストリーミング見ちゃってください。

やっぱり、寸評通り、メチャメチャキレイでしたよ。

全然どぎつい感じが無く、いやらしさが無く、なのにセクシーなんですよね!!

プロポーションもすごいいいんですよね。

胸もきれいでシリコンバレー(シリコンの渓谷)とは思えないくらいな胸なんですYO!!(形のいいシリコンの胸を生で見たことないからなんとも言えないのですが・・・。)

また、その美女性群のまわりを取り巻く3人のイケメン達も歌ウマしダンスウマしで、ショー全体も引き締まります。

音楽もロックな感じでかっこよかったし、最高でしたね(中座の時のMCが英語で全然聞き取れなかったことが悔やまれます。


終始盛り上がり、最後にロビーでメインの人と2ショットで写真を撮ってもらい帰りました。



vegasu3-11.jpg
ベガスのとある下着屋さん(エロすぎ)

vegasu3-10.jpg
ミラージュの火山ショー(無料)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2005/10/05 23:08 ] 婚旅 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kstyle0518.blog9.fc2.com/tb.php/485-a0c83d26










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。