スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

卒業検定(2回目)やってきました。

免許取得期限の失効が近づいている為、やむを得ず会社は有休を取り卒検に行って参りました。

昨日の予報では、台風20号が伊豆半島をかするということだったので、テンション下がっていましたけど、朝は雨も上がり路面も乾いていて、ほっとしました。


教習所に着き、日曜日に受けた説明をもう一回聞き、試験開始を待ちます。


おいら2度目というのに、またもや緊張してきました。


もう、マジ吐きそう。



どう緊張をほぐすか。。。


1回落ちてしまったわけだから、もう1回も2回も3回も変わらん!!

と、思うことにしました。





いや、2回も3回も落ちるわけはいかねぇ。。。

プラス1万 プラス1万 と、追徴金がかさんでしまう。


お小遣い制な既婚者にとってはその1万が1/3ヶ月分に相当してしまうので、なるべくなら、否、絶対避けなければなりません。



そもそも満点を狙わなければいいんじゃないか?

パーフェクトで検定合格すれば、それはそれにこしたことはありません。

けど、


せっかく減点方式なんです。


もう、おいら無理しない。

合格点に達すればいいじゃん!!(どのミスが何点減点かわからないけど・・・。)


と、いう考えで、自ら緊張を和らげ、嗚咽を無くすことに努力しました。



さて、順番が回ってきました。


おいらのもっている知識を完全に出しました。

ミラーを設定するときも、右足をつかないでやりました。


そして外周1周ならし走行です。

おいら、そのならし走行では、ある1つの課題を考えていました。


先日の対策で、急制動のとき余裕が無かったということがわかったので、「早く40キロに達して余裕をつくる」為に、ストレートでは低速でぶん回し、その感覚をつけました。


発着点に戻ってきて、試験始まりです。


緊張の度合いは、然程といった感で心の中では「いつもどおり、いつもどおり」と。

外周まわり障害物を越え、第1の課題のS字に入りました。

S字といえば、課題の中でも一番楽ではないかというぐらいな課題で、むしろ

『課題のならし走行』

と、いったところでしょうか?


余裕にいつも通り2速で入ったつもりでした。


けど、いつも通りではなかったのです。


ギアは2速だったのですが、スピードがいつもより遅かったのです。


「やばい、遅すぎた・・・」

と、S字の最初の右カーブのときに、アクセルを回しました。


そしたらです。


そしたら、思いのほかバイクがギューンってなったんです。

そのギューンってなった度合いは、ほんの少しなんでしょうけど、おいら思いがけないバイクの反応に、ビクーンっって、きました。


「やっべぇ・・・。ポールにあたる・・・。」


少し膨らみかけた軌道だったのですが、なんとかその場は通過することができました。

そして、信号で止まったときには、おいらの心臓の高鳴りは、ほぼMAX状態でした。

めちゃめちゃハートビートしました。


「やばい、俺、落ち着け。次は急制動じゃん。」


停止中、声が出るほどの大きい声で深呼吸しました。


そして、急制動。


さっきの先週通りに、一気に40キロまで速度を上げ、急停止しました。


そしたら、


全然余裕に止まるでやんの。


止まるまでに余裕があって、止まろうという意志があり、前輪ブレーキを「じわ~」、後輪ブレーキを「そーと」


そして、発進。

おいら二度はしませんよ。


ちゃんと、1速に落としましたよ!!



そしてスラロームです。

3速で入りました。

けど、いつもより若干遅めの通過でした。

ポールに当たっては失格。時間オーバーなら減点。

こんなところで当たってしまっては・・・。


確実に通過しました。


そこで、一深呼吸。


次平均台です。

ここも平均台から落ちたら失格。時間足りなかったら減点。

こんなところで落ちてしまっては・・・。


無理せず、渡りきりました。

たぶん練習のときより、1~2秒早かったと思います。限りなく7秒に近かったと思います。いや、、、6秒後半かも。きっと。



次はクランクです。

忘れません。絶対に。

前回と違うコースだったんですけど、ずーっと課題の順番を復唱してました。


クランクも、無理に低速で行かず、若干速度を出し、むしろ車体を安定させて通過することを考えて通過しました。


無事全ての課題を通過して、坂道発進に向かいました。


その頃には、もう緊張は抜けきっていました。


坂道も危なげなくクリアして、発着点に戻りました。


降りるまで、細心の注意をはらって降りました。

確実にいくつか減点されているわけですから。。。


最後に教官から

・スラロームが少し遅めだった

・平均台が少し早めだった

・ふらついたところがあった

と、言われました。


ほんと、よく見てますね。

バッチリその通りです。



終わってみて、前回とは違った気持ちで発表を待ちました。


だって、受かっている可能性があるのですから!!



そして発表です。

電光掲示板に自分の受験番号が光れば合格です。



合格でした!!!


もー、ちょー安堵の気持ちですよ。


有休取った甲斐がありましたよ。




午前中に終わったので、午後に免許センターに行き、免許をもらってきました。


いやー、思えば長かったです。

思い返せば、申し込みをしてきたのは今年の2月。

8ヶ月間もかけてしまいました。

最近なんて、おいらのまわりでじは、おいらが免許取得中なんて事を忘れている人も多かったですから。


これでようやくおいらも、世界がもう一回り広がったわけです。(結婚で世界はある程度限定されているのですが・・・。)


まだ、バイクを買う予定はありませんが、良きドライバーを目指し、より長く楽しみたいと思います。


--------------------------------------------------

二輪教習日記

 第1話  申し込みしてきましたっっ!!

 第2話  超初心者な心で

 第3話  テンパったオイラ、そして・・・。

 第4話  体との一体化

 第5話  繊細なブレーキング

 第6話  できない事の楽しさ

 第7話  雨が明けた金曜の夜。

 第8話  久々の乗車です。

 第9話  2週間ぶりの乗車だったんですけど

 第10話  風になる時

 第11話  ブームは、道路交通法をも動かせるんですね。
 
 第12話  息抜きだけど、息抜いている暇はないのだ

 第13話  遂に卒業検定やってきました。

 第14話  卒業試験(2回目)への対策

 第15話  卒検(2回目)に向けて

 最終話  卒業検定(2回目)やってきました。 


 
関連記事
スポンサーサイト
[ 2005/10/19 17:32 ] 二輪教習日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kstyle0518.blog9.fc2.com/tb.php/491-4bd55049










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。