スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メリクリ

小学生の頃、持久走大会のとき、

「一緒に走ろうよ。」

と、言った人に最初から裏切られた ふじさんです。


極寒の最中、いかがお過ごしでしょうか?

おいら今まで、毛布の生地のシーツを否定派だったのですが、今は無くてはこの冬を乗り切れません。

今まで寮生活で、夏でも冬でも、エアコンを切ったためしが無いおいらが、今ではつけっぱなしという生活ができなくなってしまって。大変不自由しています。


そんなこんなで、今年のクリスマスはいかがお過ごしでしたか?

おいらは、休日出勤で現場で肉体労働してました。


で、その日、おいらの実家の両親が、

御殿場高原ビールのイルミネーション(時之栖)を見たい!!」

と、言い出して、実家静岡からはるばる来ました。

おいらは仕事だったので、両親のおもりは妻に任せておきました。


仕事から帰ってきたら、一緒にご飯でも食べるという約束だったので、あらかじめ店を予約しておきました。

今回予約したのは、駿東郡清水町にある、某カジュアルフレンチのお店。


大体クリスマスといえば、どこの店も、

クリスマススペシャルディナー

なんて名前で10000万円するぐらいのリッチなコースを設けています。


1食1万円。。。

まぁ、年に何回もあるわけではないし、たまの贅沢だからいいかな?

と思いつつも、そのカジュアルフレンチレストランはなんと6300円。

超リーズナブルなんです。

その店は行ったことが無かったし、とりあえずそこにしたわけなんです。



店の雰囲気は、工場をそのまま改装した、おしゃれな感じ。

入った感じはなかなかよさげな感じでした。


職業柄、「あ、あれきっと、クレーンの横ケタだよ」とか、「あそこはきっと倉庫だったんだろう」とか、親父と盛り上がってしまいました。


内容も6300円にしては、なかなか良く、おいしかったです。



ただ、



一品一品のインターバルがメチャメチャ長いのです。

計算したところ、一品一品のインターバルが、約30分。


待たせすぎです。


テーブルの数が、たぶん20テーブルくらい。

みんな全然料理が運ばれてこないのです。


おいらの席は、厨房が近かったので、耳をすましてみました。


厨房の中の音が全然静かなのです。


おいら大学時代のバイトの経験から推測すると、あの厨房の音から判断すると、シェフは、

1人。

間違いないです。


つーか、席の数とシェフの数が合ってませんからー。残念。

ホール3人、シェフ1人、アシスタント1人、計5人くらいでまわしてるんじゃないか?(推測)

くらいな感じでした。

フライパンで焼く音も、どうやら1箇所でしか焼いてない音なんです。


おいらの前のテーブルにいた若夫婦と幼稚園児なんかは、幼稚園児がお子様メニューを全部たいらげたときには、まだ若夫婦の料理は前菜までしかきておらず。

その幼稚園児は、店の中を歩き回るは、ものを壊すは、泣き喚くわ。

それを見てて、

「しょーがねーよな」

って思いました。

長すぎなんですもの。


だって、自分のところになかなか食事が運ばれてこないから、忘れられてるンうやないかな?

なんて、不安になっちゃいます。

けど、まわりはみんなそうです。


時間指定して予約してるんだから、なんとなくペースを予測できそうなのに、全然なんですね。

9時になって入店してきた客もいました。


おそらくあの人たちの全メニューがでるのは、11時以降だな・・・。


そんなこんなで、店を出たのが10時。

7時から入って、10時です。

3時間です。

居酒屋並の長居です。


こんなに待ったのは、ちゃんこ江戸沢や、サントムーン柿田川の太助以上でした。



シェフ増やすか、席を減らすか、なんとかしたほうがいいですね。


と、まぁ平穏なクリスマスだったとです。


世間の新婚1年目のクリスマスはどんなもんなんだろう?

関連記事
スポンサーサイト
[ 2005/12/27 23:20 ] 生活 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kstyle0518.blog9.fc2.com/tb.php/505-4deeb202










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。