スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

風に近づいた週末

毎度!!

こないだの土曜日、動き出しました。

バイク見に行きました。


何を見に行ったかっていうと、そう「トリッカー」。


そもそも、何でトリッカーなのか?


トリッカーは、2004年に、フリーライドを楽しむ為のバイクとして、全く新しいスタイルで、鳴り物入りで登場したが、すぐさま「セロー」がフルモデルチェンジをしてしまい、セローに比べてオフロード仕様として中途半端なトリッカーは、セローに客を持ってかれ、もはや不人気車となりつつあるわけなんです。

しかし、なんで人気車大好きなおいらがそのトリッカーにこだわるかということ。


それは去年の2月、当時おいらは全くバイクに興味が無かったのだけど、会社のとある同期が約1年かけて必要にバイクを薦めてきた時期。

そんな最中に、ふとしたきっかけで見たヤマハ発動機のHPで、たまたま偶然トリッカーというバイクに巡り会ったのです。


その時、おいらはビビっときたのです。


「これ乗りたい」


そしてすぐ、免許を取る為に教習所に通いだし、結婚、怪我を乗り越え、ようやく約9ヶ月(失効ギリギリ)かけて免許をとったのです。


おいらがバイクに乗りたいというきっかけは、「トリッカー」だったのです。


まわりからは、

「そんなバイク聞いたことねーそ」

とか、

「セロー買え!!」

とか、賛成の声はほとんど聞きませんでした。

けど、おいらはあえてこだわったのです。


バイクの楽しさのきっかけを教えてくれた物に。

バイクなんて、おいらは自己満足だと思うわけです。

おいらからみたら、ネイキッドとか超ありえないわけなんです。

けど、その人たちにとってみれば、超イケてるわけなんです。


それと同じで、自分さえ満足できたらそれでOKなんだと思うわけです。




かなり前から、おいらはとあるバイク屋の中古車トリッカーに目をつけていたのです。

教習所に通いながら、結婚式の準備をしながら、仕事をしながら、ちょくちょくチェックしてました。

「おー、まだ売れてない。残ってる!!」

と、ドキドキしながら中古車情報をチェックしていたわけです。


そして土曜。ついにそのバイクを実際に見に行ったのです。


長い間、道路肩のところに置かれ、排気ガスで黒くなりかけていたソイツ。


マフラーがセンター出しになっていて、おいらの重みのストロークで、タイヤと干渉しちゃうんじゃないかというようなソイツ。


実際見て、これだ。と、思いました。


店主に「長い間止まってたから、エンジンかかったら連絡するよ」

と、言われその日は帰りました。

そして日曜の朝店主から、エンジンかかったという電話がかかってきて、友達と一緒に見に行きました。

昨日までは、たくさんのバイク達に埋もれていたソイツが、今日はおいらに見せるとばかりに外に出ていました。

店主に、エンジンをかけてもらい、「乗ってみます?」と声をかけられ、おいらのボルテージ最高潮。

バイクにまたがり、ストロークヨロシク。バイクなんて10月の卒検ぶりだよ、乗り方忘れちまったよ状態で恐る恐る発進。


バイクを降りた瞬間に、気持ちは固まりました。

いや、もうすでに固まっていたわけなんですがね。


「これでお願いします。」



そして、無事に契約しました。

納車は来月中旬あたりです。


今はまだ実感ないですが、徐々にきそうな気配がします。


バイク病が・・・。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2006/01/31 00:01 ] 生活 | TB(0) | CM(1)

毎年春になると訪れるもの

そう、それはバイク病。
ふじさんも今や潜在期間を終了しかけている訳です。
おめでとう!バイク購入。
さようなら!お小遣い。
[ 2006/01/31 00:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kstyle0518.blog9.fc2.com/tb.php/515-580cf84e










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。