スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヘルメットに悩む

先日トリッカー契約につき、内心ウシウシしているふじさんです。

さて、バイクを乗る上で必ず必要なもの。

そう、ヘルメットです。

ヘルメットを買おう!!


土曜日に実家に帰ったとき、近くにある車バイク用品屋にとりあえず行ってきました。

ヘルメット知識ゼロなんですけどね。


ヘルメットはほんとにいろんな種類があります。

しかも何がなんだか、どれがどうだか全然わかりません。


けど見た感じは、大きく2種類に分かれていました。

フルフェイスジェットヘルメット

おいらは最初、いかにもオフロードっていうヘルメット(バイザーが付いて、アゴがしゃくれているフルフェイスタイプ)にしようかと思っていました。

実際そのヘルメットを手にとってかぶってみました。

しかしかぶった感じはいいものとは思えない感じでした。


顔の大きさに相まって、フルフェイス特有の圧迫感。

ヘルメットの脱着のしづらさ。

思い描いていた感じと全然違ったわけなんです。


それに比べてジェットヘルメットは顎部がない分、圧迫感も少なく、脱着がしやすい。

どちらかというと楽だ。


ただ、顎部がない分フルフェイスより安全面的に劣るといった感じでした。


困ったおいら。

そして、友達に電話をかけたのです。

「いっぱいヘルメットがあるんだけど、どれにしたらいいかわかんねーよー。」

そいつ曰く、

「自分のスタイルにあったものを買うんだよ!!」

と、言うわけです。


それまた難しい答えです。


それから何件かお店を見て、いろんなヘルメットをみてみました。

家に帰り、バイクの安全規格について、どんな種類のメットがあるのかとか、夜通しググッてみました。


そして、次の日の日曜の今日、またバイク用品屋を見にいきました。


で、そこの店の店主に色々聞いたわけなんです。バイク初心者として。


一応、オフロードっぽいメットを希望していることを言いました。


店主曰く、

バイザーが付いているメットは、風にあおられやすく、60キロとか超すと風を受けてかったるいそうなんです。

もともとオフロード用のメットは、スピードを出す用の構造じゃないのであまりお薦めしないとの事。

ただ、顎をまで守られているから安全面的には良い。

けど、脱着もしづらいし。


店主もたまにオフとかやるらしいんだけど、自分は断然ジェットなんだと。

「オフロードをやるだけだったらいいのかもしれないけど、普通に走る分には少々難ありな個所もあるんだよ。

夏の暑い中のフルフェイスとくりゃ、もう地獄だし。

シールド無しタイプだとゴーグルつけるでしょ?雨に濡れたらゴムがビヨンビヨンになっちゃうよ。

なにしろ、本気でオフとかやるならいいかもしれないけど、私みたいなへたっぴが、こんなメットをかぶって、バタバタやっていたら恥ずかしくてしょうがないですよって。

しかも、今時流行ってないですよ。」


なぜそこまでオフロード用のメットを否定するのか?

逆にジェットヘルを売りたいからそこまで否定するのか?

正直とまどりました。


しかし、自分に合ったスタイルに合わせるというと、オフロード用のメットでは無いと思うんです。


今のオイラが思うに、

オフロードを念頭にバイクを乗るつもりは無いんです。それだったら、そういうバイクを買っているわけでして。

バイクを乗るのに、やっぱ気持ちよくなりたいから乗るわけです。

ちょっとそこまで、って時もあるわけです。

そのときに、いかにもオフロードなヘルメットをかぶりますかね?

いや、キツイ思いして、おいらはかぶろうと思いません。


そもそもオフとかやるのか?なんかバイクきたら、汚したくない!!とか言うのではないかという恐れもありうる。

と、言うわけで、今のおいらにはジェットヘルメットが一番近いんではないかと思うわけです。



まだ納車までは時間があるし、もうちょっと考えてみたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2006/02/05 17:08 ] 趣味 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kstyle0518.blog9.fc2.com/tb.php/516-cb59a87b










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。