スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

二人修学旅行①

最近、心に雑念が多いふじさんです。

このキャッチコピー知っていますか?

「修学旅行」を家族でやる、なんてどうだろう。

心を洗うべく、この週末は
有休とって、

古都京都に行ってきましたー。

なぜ京都?

妻が京都行ったことないからっす。

京都奈良なんて、誰もが言った事あるだろー、と思いつつも、

JR東海のCM「そうだ 京都 行こう」

を見ると、「京都もいいかな」ってまんまと戦術にはまってしまっています。


前に大阪に行った時は、三島から車で行ったんです。

けど、今回は新幹線。JR東海ツアーズで。

新幹線の往復チケットと、旅館代が含まれているお得なチケットです。

新幹線でこだまを使っても京都まで3時間でいけちゃうんです。

車行っていたら、3時間なんていったら行けて名古屋です。


疲労や時間を考えたら、断然お得です。

現地は交通の便がいいですし。


当日朝は三島発の始発(6時半過ぎ)。キオスクで駅弁と週刊誌を買い3時間の暇つぶしです。


意外に3時間は長く、車で3時間は疲労が溜まるが時間が経つのが早い。新幹線は疲労は無いが時間が経つのが遅い。

ちなみにバイクは疲労も溜まり、時間も遅い、距離も進まないです。
1時間ぶっ続けだったら手がしびれてしまいます。


週末の天気は雨だったのですが、京都に着くころには幸いにも雨が上がっていました。


2日間で行きたいところを妻とあげて、そこに行くという計画で、その他は場面で何とかするという、行き当たりばったりツアーです。

まず、市バスで金閣寺に向かいました。


おいらは修学旅行の時、金閣寺は行きませんでした。なんで行かなかったっていうのは、おそらく自由行動の範囲と離れていたかと思います。

金閣寺って、実際どのくらい金なんだろう・・・。

って思っていたけど、

060623-01.jpg


めちゃバブリーな成りっす。

池に写った金閣やその周りの緑が、憎らしいほどにマッチしていまっていて、まさに極楽浄土を再現なんだと思いました。


にしても、金閣寺には修学旅行の生徒がものすごく多かったです。

京都はイメージとして、年寄りが多い町だったのですが、中学生と外人観光客が多い町なんだと思いました。

男子と女子が離れて行動しているのが、初々しさを感じさせる一コマでした。(おいらの中学時代は、もっとくっついていた記憶があるのだけど。。。)


そして、次に龍安寺の枯山水の石庭を見ました。
060623-02.jpg


ふと気づくと、無音なのです。

聞こえる音は風で木枝がゆれる音くらいでしょうか。

ここは全く別の国かと思わせるような雰囲気。

子供の騒ぐ声や、車の音、電子音なんてのは無縁の存在なようです。

060623-02-1.jpg


無駄なものが無く、そして足りないものが無い。

最先端な技術を競っているこの世の中において、全く必要の無い場所があるんだと知りました。


次に妙心寺に行き、八方にらみの竜を見ました。

ここも寺の敷地が広く、そして無音。

音といったら、自分が歩く砂利の音だけ。


普段工場の中にいるので大きい音と真隣で仕事をしていますが、無音がこんなにいいものなんだな、としみじみ感じました。

続く。。。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2006/06/25 22:21 ] 京都旅行2006 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kstyle0518.blog9.fc2.com/tb.php/568-0cc30a82










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。