スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

二人修学旅行③

久々のロングツーリングでエコノミー症候群になりかけたふじさんです。

さっそく書きたいところなんですけど、まだ京都旅行が残っているので、明日書くことにします。



泊まった場所は、京都といえば祇園。

そう、祇園にある旅館にしました。


祇園=舞妓のイメージがあったんですよね。

舞妓見てみたい。。。


旅館に着き、すぐさま食事の時間。

期待していた京料理は味気ない感じでした。

京料理そのものが、そういうものらしく、まだまだ若いから物足りなく感じてしまったのもあるでしょう。


食事を終え、祇園の町を散歩してみることにしました。

京都はいろいろな顔を持っていて、鴨川周辺を歩いただけですけど、鴨川を越えて西側の先斗町というところは、小料理屋が道の両脇に永遠と続いていました。

鴨川の東側には、キャバクラや風俗なのがひしめき合っていました。

コレはほんと大人の街、歓楽街といったところ。

ここで遊んだら、一晩でいくらいくんだろう?

って思っちゃいます。



翌日は、さらに天気が良く空は晴れ渡っていました。

盆地よろしく、蒸し暑いです。

朝の祇園を散歩しつつ、清水寺に向かいました。

町並保存地区の祇園白川にはアジサイが咲いていました。
060623-10.jpg

京都の川は透き通ってきれいです。


060623-09.jpg


060623-12.jpg


そして京都の家の玄関にある竹製品。
060623-11.jpg

犬矢来といって、馬の跳ねる泥や、犬猫の糞尿からまもる品らしいです。


060623-13.jpg

二年坂、三年坂を越し、清水坂を登っていくと清水寺に着きます。

この坂から清水寺に近づくにしたがって増えていくお土産やさんの数々。


修学旅行客をターゲットとしたお店ばかりです。

中でも中学生が喜びそうな、シルバー(ニセモノ)のアクセサリーや、裏ボタンなどを売っている店が目に付きます。

アクセサリー屋なんかは、1個買うともう1個プレゼント&名前彫り無料とか謳っています。

ふと見ると、じゃらじゃらつけた中学生が歩いています。

それ見ると、

「あぁ。。。騙されている。。。」

と、遠い昔の自分を思い出します。

おいらなんて、店の人と一緒に写真とかとっていましたっけ。


裏ボタンとか売ってる店なんかも、

「これ買わないと、みんなと同じになれねーぜー!」

とか店の兄ちゃんとか言っちゃいながらB'○なんかのロゴが入った裏ボタンとか売ってます。

中学ぐらいってのは、ちょうどそういうお洒落とか、ちょい悪なんかにあこがれだし始めるからしょうがないんですね。

さすがに高校にもなると、その辺がわかってくるようで。

060623-14.jpg



後は、三十三間堂により京都駅のホテルでご飯を食べ、買い物して帰宅しました。


京都は、大人になってから行くとかなりいいです。

中学の修学旅行は、ただみんなで旅行できるってのがメインで、それだけかもしれなくて、べつにそれは奈良京都じゃなくてもいいわけなんです。

大人になってからだと、京都の良さってのがわかるんです。

次は、広島岡山が気になります。


京都駅でみたポスター。
060623-15.jpg


静岡人的には、新鮮でした。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2006/07/01 22:53 ] 京都旅行2006 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kstyle0518.blog9.fc2.com/tb.php/570-7f377e26










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。