スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

かなりのじもネタですが

 久々に休出とやらに出ましたよ。

 かれこれ、半年くらい休出に出たことがありませんね。

 去年もそうだったんですけど、この春近辺が忙しいんですよね。

 こうポカポカな小春日和な日には、バイクにでも乗って、伊豆半島一周でも行っちゃいたい気分ですよ。


 おっと、まだ免許習得中の身。

 まがんまがん。

 
 うちの会社は休出時、お昼は弁当を頼みます。

 キッチンラビットという駿東郡清水町のお弁当屋です。

 その昔、オイラはずっと「から揚げ弁当」が定番でした。

 そして、ある日心変わりしたのです。


 とある先輩が、「香揚げ弁当」を注文したのです。

 「コウアゲ?」

 かおりあげ と読みます。

 なにもんだ?香揚げとは・・・。

 先輩曰く、

 「から揚げに甘辛いたれ(汁)を絡ませてあるんだよ。まーから揚げ弁当のから揚げより、から揚げが1個少ないけどな。けどうまいぞ。」

 ぬぉ。

 から揚げ1個少ないのか・・・。

 悩む。オイラの胃腸事情から考えますと、その1個がかなり重要問題となるんです。

 
 そしてお昼の時間になり、先輩にその香揚げとやら1個と、オイラのから揚げ1個をトレードしてもらいました。

 そして、初香揚げ。


 んまいんですよ。その甘辛いタレが。


 から揚げのカリカリ感は、その甘辛いタレでヒタヒタになりしなびて、からっと揚げてるから揚げではない状態になってしまってるわけなんですが、んまいんです。

 吉本にいて目標とする芸人を"矢沢永吉"とする自称カリスマかっこつけのダイノジ・大谷の風に言いますと、「うまちん」(くさデカより)

 から揚げ弁当より、から揚げが1個少ないというハンデを持ちながら、そのキャベツまで染み込んだタレをご飯に乗せてしまえば、そのハンデをものともしないスキルを発揮してしまうんです。

 うな重のタレのみでご飯がイケてしまう、アレです。

 と、自慢の美食(アレ)を食べ、昼からも仕事をがんばるわけです。

 アレの為にね・・・。
 
関連記事
スポンサーサイト
[ 2005/03/12 10:33 ] 食べ物 その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kstyle0518.blog9.fc2.com/tb.php/58-f45ec7d0










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。