スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うどんを食べに行くのがメインのはずが・・・。

腕をだら~んと下に垂らして、肘から腕を90度上に上げて、その状態から2リットルのペットボトルを持つと腕にピキーンって激痛が入るふじさんです。

皆様お待たせしましたっっ!!

いやいや、今回のツーリング、メチャメチャ筋肉痛になりました。

さて、今回は以前青鳥さんとのツーリングで行けなかった某お山に行ってきました。


そもそも今回のメインは「うどん」です。

この間、「UDON」という映画を見て、無性にうどんが食べたくなり、「林道いきながら、うどん食べに行きましょう」と、前回のオフ会(オフロードの会)で初めて会った青鳥さんに誘われました。

今回は、こちらサイドはおいら一人で、青鳥さんの知り合いが数人参加という、いわば

アウェイです。

どうやら前回のヌタヌタのジムニーロードを登った人達らしいので、

どこに連れて行かれるんだろう・・・。

と、ちょっぴりドキドキしていました。


今回は、青トリッカー、黄色トリッカー、XR250、DT125、でおいらのトリッカーでの走行となりました。

060924-01.jpg

060924-02.jpg

黄色トリッカーのサイコマスクが、異様なエロさを感じてしまうのは、おいらだけでしょうか・・・。

全く、みんなMXタイヤで、やる気が感じられます。

おらノーマルなんですけど、めちゃめちゃ不安です。



という感じで、出発。

青鳥さんの案内に着いていき、気づいたら山の中に入っていました。


そして、まわりの風景が怪しくなってきました。


あ。。。ゲロだ。。。


気づいたときには、道っぽい坂を上がっていました。

もう、Uターンできません。


しょうがなくガンガン進んでいると、

060924-03.jpg

前のほうで、青鳥さんが悩んでいます。

060924-04.jpg

道がねーし!!

道が崩落しているところにムラカミさんがいますが、胸の高さまで段差があります。


おいらの常識では、一発変換で引き返すと変換されるんですが、皆さんどーやら違うらしいのです。

越える気まんまんです。

どうやって??



060924-05.jpg

話題作りの青鳥さんが、まずフロントアップでタイヤをあげ、
060924-06.jpg

押しも入れ、
060924-07.jpg

最後は前から一斉にロープで引っ張り、アクセルオンでこの通り。

その様みて、正直この人達は普通じゃねぇって思いました。

おいらも無理ですが、ヘルプで上げてもらったのですが、(ムラカミさん動画提供 IEで見れます。)

あとの皆さん、いい感じで駆け上がっていきます。

060924-08.jpg


060924-09.jpg


どうやら、数台バイクが通ったことで、地形が若干変わって登りやすくなったみたいです。

というか、しょっぱなからこれかよ。という感じだったのですが、終わったわけではありません。

060924-10.jpg


地面に亀裂が入ったロングな坂道。

060924-11.jpg


DTさんがやってくれました。

みなさん、シャッターチャンスを言わんばかりに、まずヘルプの前に写真ですw

自分の転んだ姿は見せたくないけど、人の転んだ姿は見たいのです。

060924-12.jpg

登ってきた道を見下ろすと、トリッキーな道です。

060924-13.jpg

その道をあえて避けるムラカミさんです。

060924-14.jpg


かろうじて、ここが道かな?というぐらいなレベルですよ。

その後も崩落しているところが多々ありましたが、

また行く手をさえぎる崩落がありました。

そこで、前回同様、突っ込み体長青鳥さんがやってくれました。
060924-15.jpg

おいらには、上れないような段差は、フロントアップしてその勢いでバイクを投げて段差を越すって言うことが、理解しがたいです。

いや、頭で分かっていても、体でできないっす。

060924-16.jpg


青鳥さんムラカミさんのおかげで若干道ができ、みんなが普通に通過できる状態になりました。

まだまだ続きます。

今までは、比較的横は縦壁だったのですが、左手がバンク、右手が崖って感じに変わりました。

060924-17.jpg

これがまた怖いです。

写真で見ると分からないですけど、これは若干左にコーナー気味で下って、そこから崖側に右コーナー気味に坂を上がるという。

びびってアクセル絞ったら登れないし、下手したら、崖からさようなら~って感じです。

060924-18.jpg

そんな感じのアップダウンが多くなってきました。

ぶっちゃけ言いますと、おいら上り坂が怖いんです。

以前、上り坂でエンストしてそのままバイクの下敷きになって足に穴が空いて救急車って経験があるんです。

それから坂道を上る度にトラウマが走ります。

けど、トラウマが走っている余裕は無い感じです。

そんな雰囲気ではないです。


行くしかねーっす。


060924-19.jpg

坂の上から後ろを振り返ると、こんな景色です。

さてさて、ようやく山頂まで登ったらしく、次は下りらしいです。
060924-20.jpg


下りも、道じゃないところをひたすら降りていきます。

たまに急な段差とかありで。。。

慎重に降りていきました。

060924-21.jpg


どんどん下っていき、なんとか舗装路に出ることができました。

舗装路を見たときの感動といったら、言い表せないものがあります。

内心、遭難かもとか思いましたから!!
060924-24.jpg

メーターもありえない感じになってます。

きっとあまりにもハードだったので、100の位が動いてしまったんだと思います。



何はともあれ、ようやく今日のメインの富士吉田のうどんです。

いやー、うどん食いに行くのに、山を越えちゃいました。

060924-22.jpg



ここは、あんめうどんという店で、以前青鳥さんが来て、安くて美味かったらしいのでここを案内してもらいました。

時間も2時半というのに、店内は混んでいて、人気がものすごい感じです。

060924-23.jpg

壁に、希少なチャーシューを入荷しました的な張り紙がしてあったので、おいらはチャーシューうどんを頼みました。

太いコシのある手打ち面に、 味噌ベースの汁がたまらなくおいしいです。

初めて食べた味でした。

これはおいらが今まで食ったうどんの中で、余裕でベスト3に入ります。

いや、一位かもしれません。

そのぐらい美味かったです。


おいしいうどんを堪能した後、後半戦です。

さっきの山の中の別ルートに行くことにしました。

060924-25.jpg

全く、別ルートもひどいもんで、下ると思っていたら、いきなり果てしなく登り。

そして倒木。

引き返そうと思っても、皆さんどんどん進む気まんまんです。

060924-26.jpg

なんというか、、、
060924-27.jpg

まったくもって、、、
060924-28.jpg


森です。

熊とか超でそうなんですけどー。


と、とりあえず、前進あるのみで進んでいったら、

急に
060924-29.jpg

開けました。

すっげー、景色がいいの。

もう、最高な感じ。

060924-30.jpg


景色がよすぎたのと、すばらしい達成感が相まって、記念写真を撮りました(顔ぼかしてますけど)

なんか、青春の1ページみたいです。
(それにしちゃぁ、年齢がいっちゃってますけどw)

060924-31.jpg

気が付くと、ズボンがびりびりに破けていたり、
060924-32.jpg

ウィンカーがもげていたり、

今回のゲロのハードさを実感できます。


けど、無事に帰って来れてなによりです。

今回自分でもびっくりしていたのは、オンロード用だ、オンロード用だと何度も言われつづけたトリッカーのタイヤ。それが、こんなゲロアタックもできてしまうということです。(ヘルプありでの話ですけど)

路面もヌルヌルしていなかったから行けたわけですが。

登れるって楽しいというか気持ちいいというか。

爽やか林道と言われて着いて行ったわけですが、爽やかな(気楽に気持ちよく走れる)林道ではなく、必死に登りきった後の爽やかな談笑が爽やか林道だったらしいです。

今回のルートの場所公表できませんが、ここは最低3人。4人以上で行くのが好ましいといった感じです。(押しが入るから)

というわけで、本格的なゲロに踏み出してしまったわけです。


みなさん、今回は本当にお世話になりました。

みんな、頭のネジが逝っちゃってる感じですけど、それはそれでおもしろかったです。


けど、今回確信しました。

ゲロアタック好きな人は、みんな嘘つきです。


アタック中、何度も「こんな感じは(キツイ登りとか)どこまで続くの?」って聞くと、

「あー、もうちょいだよ」

とか、

「登っちゃえば、あとはこんなじゃないよ」

とか。


最初から最後まで嘘ばっかです。


というか、そうでもしないと、ついてかないから??


まぁ、後になっちゃえば、楽しかったですけどね。



最中は、ほんとに参っていたんですから!!


といういことで、また機会があれば行きましょう!!


関連記事
スポンサーサイト
[ 2006/09/26 23:38 ] バイク | TB(0) | CM(7)

ハッハッハ~~~!
既に片足突っ込んでますから~(古
装備も揃えた方がいいかと(○ャバクラ行く金が有れば(笑
また逝きますヨー
  ↑
こうならない様に(爆
[ 2006/09/26 23:53 ] [ 編集 ]

すっごい面白そうな道っすねぇ
ゲロは最低3人は必要ですよね。2人でも帰れなくなる可能性ありますし
ゲロアタック・ヤブ漕ぎの頭には必ず「爽やか」ってつけるのが常識ですよw
[ 2006/09/27 00:34 ] [ 編集 ]

うーん・・・うそつきはk氏、M氏ですよね?(笑)
ツーレポにリンク加えました。
ホントにお疲れさまです。
また遊びに行きましょう。
[ 2006/09/27 18:35 ] [ 編集 ]

Fさん、実感(自分もほぼ同じ様なこと感じていました。ホントデスヨ)のこもった、ツーレポ見させてもらいました。また何処かゲロなしで行きましょう。
[ 2006/09/27 20:58 ] [ 編集 ]

先日の○ンバーガーヒルでは
某W氏にここを上がれば‘爽やかな道’だからと
何度だまされたことか(@_@。←ここ重要(笑
が、ここを経験すると何処でもコイって感じですネ!
○ンバーガー食べに行きましょうネ^^
[ 2006/09/27 21:00 ] [ 編集 ]

ふじさん、ツーレポ読んでると涙が出てきました(T_T)
騙したのはW氏に間違いないですよね?
エロトリさんも書かれてますが、あのチュルチュル坂では「もうちょっと」「もうちょっと」という言葉を何度聞いたことか。
※DTさんはどうも私に騙されたと思ってるようですが???
[ 2006/09/27 21:42 ] [ 編集 ]

みなさん、わかってますとも。
騙されてるのわかってて言ってますともw
嘘だとわかっていても、とりあえず聞いてみたくなるのです。

浜通さんの言うとおり、爽やかとつけるのがあたりまえのようですね。

オフブーツ欲しくなりましたよ。

[ 2006/09/27 23:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kstyle0518.blog9.fc2.com/tb.php/597-6e9c1ef2










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。