スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

英語もろくにしゃべれないのにIn-N-Outで裏メニューに挑戦

カリフォルニアといえば、

In-N-Out Burger

ここに行かないで、どこに行く??


la-in-n-out01.jpg

そういった感じのハンバーガーショップがある訳なんですが、前回LAに行ったとき、恥ずかしくもその存在を知りませんでした。

前回の旅行で得た物を生かし、今回のLA旅行にあたっては、半年前あたりから、ちょこちょこと綿密なリサーチをしていました。


ここの店のウリは、冷凍物は一切使いません

そして注文してから作り始めるので、待ちます。

もはやファーストフードではありません。

la-in-n-out02.jpg
で、メニューはというと、ハンバーガー、チーズバーガー、ダブルダブル(肉とチーズ2枚)、ポテト、そして飲み物のみです。

かなり挑戦的なメニューです。王道で勝負といった感じです。

が、いろんなサイトで紹介している様に、裏メニューがたくさんあるんです。



la-in-n-out03.jpg

レジの裏側では、意外と大勢のスタッフで仕事をしています。

よく見ると、全て役割分担されているみたいです。

肉を焼く人、ポテトを揚げる人、最後に挟んで包む人、包装する人。


注文は、奥さんは、普通のハンバーガーセット。

僕は、今回ちょっと歩きすぎと暑さによってへばってしまい、ものすごいお腹が減っているという訳ではなかったので、ダブルダブルに行きたかった所をグッと我慢して、チーズバーガー。

「オニオンはつける?」と聞かれたので、「焼いたオニオンを入れて」と頼みました。あと「トマト抜きで」。

「ポテトは、アニマルスタイルフライにして」

全然英語しゃべれないのですが、何とか通じさせました。

英語は気合いでなんとかなります。


そもそも、裏メニューを注文したところで、ほんとに通じるか。そんなメニュー無いよって言われるのを恐れていたのですが、レジの人は当然の様にレジ打ちを続けたのでほっとしました。

la-in-n-out04.jpg
裏メニューと言いながらも、しっかりレシートには載っています。

裏メニューも、ある程度は公式ホームページにも載っているのですがね。

表メニューにしちゃえばいいのに。きっと、こだわりなんでしょう。



la-in-n-out05.jpg
10分くらいまったかな?

ようやくきました。超うまそうです。

la-in-n-out06.jpg


右下が「ハンバーガー」左下が「チーズバーガー」トマト抜き、炒めたオニオン入りです。トマト抜きの分レタスを多くしてくれた感じがします。

左上が「フレンチポテト(ノーマル)」で右上が「アニマルスタイルフライ」です。

アニマルスタイルフライは、フレンチフライの上に、チーズ、炒めたオニオン、サウザンドレッシングをかけたものです。

アニマルのように、汚れながら食べることになるからかな??




味はというと、すごいです。

王道メニューでここまでできるんだという事に感動しました。

パティも旨い、野菜も旨い、パンも若干焼いてあって旨い。

しかも飽きが来ない味。

ポテトもさくさくで旨いです。

完璧でした。

みんなが、これだけ賛美するわけです。


うちの近くにあったら、週に何回通ってしまうんだろうか??って位の味です。


アニマルスタイルフライも、すごく旨いです。

ノーマルポテトと、アニマルスタイルフライを両方食べ比べると、両方の旨さがわかります。


この店、すごいハマりました。



あまりの美味しさに惚れ込んでしまい、出国日の朝飯用に、夜の暗い人通りの少ない道もなんのその。テイクアウトしに行きました。
la-in-n-out07.jpg
(夜のIn-N-Out Burger)

la-in-n-out08.jpg
(テイクアウトの袋)

la-in-n-out09.jpg
写真見ているだけで、お腹が鳴ります。


ちなみにアニマルスタイルフライは、裏メニューのはずなんですが、
la-in-n-out10.jpg
ちゃんとネーム入りの箱が存在します。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2007/09/06 21:49 ] LA旅行2007 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kstyle0518.blog9.fc2.com/tb.php/788-9920d404










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。