スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

僕のサンドイッチの常識は通用しない。

サンドイッチは、パンとパンの間に玉子やハムやカツや、具を挟んだものです。

種類としては、「パン」だと思うわけです。



今回、泊ったRenaissance Hollywood Hotelに併設してある、Hollywood & Highland

THE DIP

という、サンドイッチ屋さんあります。

la-dip01.jpg


次の日に朝早くホテルを出発する予定があったので、朝食用にテイクアウトしました。



そして、開けてびっくり。
la-dip02.jpg

パンと具の比率がおかしい。

ローストビーフを頼みました。
ローストビーフを液体の中にドボンと漬けたあと、コッペパン?のようなパンに挟んであります。

ジューシーで旨いのですが、パンを食っているというよりは、肉を食っているという感じですね。



ちなみにカミさんは牛肉の煮込み?のような物を挟んだもの。
(メニューで、女性にぴったりみたいなことが書いてあったから・・・)
la-dip03.jpg

全然女性にぴったりという感じはありませんが。

la-dip04.jpg


これは、種類としては「パン」というより、「肉」です。


コレがきっとアメリカンカルチャーなんでしょうね。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2007/09/11 06:53 ] LA旅行2007 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kstyle0518.blog9.fc2.com/tb.php/795-ddf8e5ad










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。