スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アイデアを生むには

先日とあるニュース番組に出演していた人が、とても印象に残りました。


慶応大学院生の早水浩平さん

資源0のエコ発電、夢の発電。

振動によるエネルギーで、発電する研究をしているそうです。

TVでやっていた内容は、首都高の橋のライトアップの電力を、橋を通る車やトラックの振動エネルギーで発電して、ライトを光らせるというものすごいプロジェクトをしていました。

現在石油もあとどれだけしかもたないとか、地球温暖化、エコなど、いろんな課題が世界中にありますが、限りある資源をどう使っていくかという事に、いろんな人が知恵を絞っています。

そんな中、早水浩平さんは、振動エネルギーという物に目を付けていました。

車が動くには、エネルギーを使って動いている。そして車が動くと振動エネルギーという物が生まれ、地面が震動する。その祭の震動エネルギーというものは捨てられていく。その捨てられていく震動エネルギーが勿体ないから、発電のエネルギーに変えられない物か?という考え。

正直な気持ち、こういう人が、世界の将来を作ってくれているんだと思いました。


単に文章を読むと、「なるほど。すごいね。」と、思ってしまうだけに終わりがちですが、よくよく考えてみると、すごい事です。


他にも、電池レスのリモコンなんかもやっていました。
ボタンを押す振動エネルギーを増幅させ、そのエネルギーだけで、リモコンで使われる電力を補ってしまうというプロジェクト。


同じ年代の人が、こういった最先端の研究をしていて、それがもう一歩で商品化につながるといった事について、自分の知識の無さや、考えるという事の乏しさにショックを受けます。


こういった事こそが、改善であり、合理化というわけです。

自分の勤めている会社でも、やはり改善提案というのを毎度募集しており、うちの上司にも「製造業の一人であるものならば、今自分でしている作業は一番効率がいい物だと思うな!!」と言われています。

普通に一生懸命仕事をしていても、ただそれだけでは何も新しい事は生まれてこないのだということを実感します。

日々いろんな事に疑問を持ち、それをノートなりに書き留めていくとこから始めてみようと思いました。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/02/07 07:30 ] 生活 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kstyle0518.blog9.fc2.com/tb.php/828-3e9d729e










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。