スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ふじさん≠富士山

僕の友達が、「こしこし」から「ポニー」とハンドルネームを変えたことにより、生まれて初めて「命名者」となりました。

まぁ、そんな身内話をいきなりもってこられても意味わからないとおもいますが、自分が勝手につけた名前を本人が気に入ってくれて、それが定着していくというそんな流れが、ささやかに嬉しかったりします。

僕は、ハンドルネームを「ふじさん」とさせてもらっているんですが、この「ふじさん」という名前は普段のあだ名(ニックネーム)で、まぁかれこれ20年以上使わせてもらっています。

忘れもしません。「ふじさん」命名のシチュエーション。

あれは小学校1年生に入学してすぐくらいかな。同じクラスですぐ仲のよくなった「鳥越君」という少年がいて、その二人と机と机を並べて平均棒の様にブラブラしながら遊んでいるとき、「あだ名を決めようよ!!」ともちかけられました。

「あだ名」という言葉に初めて出会った僕は、なんかそれを決めることが楽しく感じ、「鳥越君」のあだ名を色々考えました。

「鳥越だから とりぴにしようよ。」って事で鳥越君は「とりぴ」というあだ名になり、

「ふじさんでいいんじゃね?」という言葉で僕は名字から一文字を取り「ふじさん」というあだ名になりました。


鳥越君とはその後中学で離ればなれになり、二十歳の時の同窓会で会って遊んだきり、今は連絡とれなくなってしまって今はなんと呼ばれているのか解りませんが、僕はその「ふじさんでいいんじゃね?」という言葉から20年以上変わらず使っているわけです。


中学から高校とか、大学とか、社会人になって新しい友達が増えるとき、あだ名というものが変わるイベントがよくあります。

「○○君って、なんて呼べばいいの?」みたいな。

初めて会った相手に、「ふじさん で。」って言うのもこの歳になってみればちょっと恥ずかしいですが、20年来この名前と生きてきて、この名前を変えたくなかったのでそこは押します。

例えば、自分が以前に意図しないあだ名をつけられて、それが気に入らないから新天地では新しい名前でっていうのもアリだと思います。

例えば数人で呼び名を決めているとき、以前使っていた呼び名がかぶってしまい、先に「まさと で。」と言った人に取られてしまい、社会人仲間からは新しい呼び名で呼ばれていく人もいたりします。

僕は今まで生きていた中で、同じ名字や同じ名前の人と殆ど巡り会った事のないおかげで、呼び名がかぶる事も無く、ただ自分の意志だけでここまできました。


幼少の頃、父親に「僕の名前ってどうやってつけたの?」と聞いたとき、「なんとなくだよ」と適当に答えられひねくれた時期もありますが、その名前のおかげで20年以上も同じ呼び名でこれた事が、うれしく思えます。



そのあだ名に関してですが、一つこだわりというものがあって、「ふじさん≠富士山」ではないということです。

元々「ふじさん」のふじは名前の一部から取った物で字が違うんです。富士山のある静岡出身だからではないのです。


僕はこのブログの他に、バイクのHPを持っているのですが(最近殆ど更新していませんが)、Googleで「ふじさん トリッカー」と検索すると、そのサイトが一番上にきます。

ただ、そのときに気にくわない事があります。

080624-01.jpg


検索エンジンは、何度検索しても、もしかして「富士山?」と聞いてきます。

決して、「富士山」という感じがわからないからひらがなで書いたわけじゃないんです。


「富士山」という存在があまりに大きすぎなんだな・・・。




だから、「ふじさん」でいい。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/06/27 03:52 ] 生活 | TB(0) | CM(1)

身内ネタのポニーです。
もう、Blog毎に名前を変えたりしません。
もう、ポニーです。
あの小さい馬の、ポニーです。

↓必読
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%8B%E3%83%BC



あたま、イイらしいぞ!
[ 2008/06/30 23:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kstyle0518.blog9.fc2.com/tb.php/849-80abcf18










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。