スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

LAX~ホテル間 市内バス乗り継ぎ 

今回の旅行は、ツアー会社を通さず、飛行機とホテルを自分で手配しました。

今までの旅行で当たり前だった、空港~ホテルの送迎とホテルのチェックイン、チェックアウトを自分でしなければなりません。

初めての体験なので、下調べ等をかなりして挑みました。

ルートは、ロサンゼルス空港から、Hyatt Regency Century Plazaです。



乗り継ぎバスは、緑のCulver CityBus と 青のBig Blue Bus。

まず、空港に着き、ターミナルに出ます。

まず、緑のCulver CityBusに乗るのですが、ターミナルを出た所には乗りたいバスの発着所がありません。

まず、空港パーキングのロットC内にある LAX TRANSIT CENTER に向かいます。

ロットCまでは無料シャトルバスが走っているのですが、ターミナルに出た時、どこから乗るのかわかりませんでした。

空港内インフォメーションもどこだかわからなかったので、もう一度ターミナルに出て、適当に何かの係員っぽい人に、「LAX TRANSIT CENTER に行きたいんだけど、どこへ行けばいい?」と聞いたら、星条旗のネクタイをつけた黒人の人を紹介され「あそこに行けばシャトルバスがくるから、そこへ行ってバスに乗りなさい」と言われました。

ありがとう。と言ってその場を立ち去ろうとしたとき、ちょっと待てと。

教えてやったんだから募金しろと。

いくら?と聞いたら、$20だと。

まじ?あり得ないよ。高すぎるよ。タクシーとか、スーパーシャトルバン(空港~ホテルまでの乗り合いバン)をケチって市内バス乗り継いで行こうっていうのに、$20も払えるかい!!

こっちも負けじと、$1しかないから、これで勘弁して。

$1じゃない。$20だ!!

無理。$1しか出せない!!

何度も言い合っていたら、向こうも折れたのか、$1で勘弁してくれた。


危うく、初っぱなから洗礼を受けるところだった。空港周辺は、こういった観光客狙いの悪者がたくさんいるんだなと勉強になりました。

何か困ったときは、ちゃんとした空港関係者か、警察だな。


無事に無料シャトルバスに乗り、ロットCで降り、LAX TRANSIT CENTERへ。

la2-bus01.jpg

そこから、緑のCulver CityBus#6(UCLA/WESTWOOD)に乗り、「SEPULVEDA BL/OLYMPIC BL」で降ります。

Culver CityBusは運賃が$0.75でトランスファーチケット(乗り継ぎチケット)が$0.25なので、乗る際に運転手に$1を渡し、必ずトランスファーチケットを貰います。

そして、青のBig Blue Bus#5(OLYMPIC-CENTURY CITY-PICO RINPAU)に乗り換え、トランスファーチケットを渡します。

そして「COSTELLATION/AVE OF THE STARS」で降り、徒歩1分でHyatt Regency Century Plazaです。

空港からHyatt Regency Century Plazaまでの運賃はこれで計$1です。

スーパーシャトルバンやタクシーを使えば、数十ドルかかってしまうので、自分で調べてお金を浮かせて、浮いたお金でワンランクアップの食事でもしましょう。

大体はメトロのホームページで調べられます。



ちなみに帰りは安パイをとりたかったので、Big Blue Bus#5でサンタモニカまで行き、Big Blue Bus#3に乗り換えLAX TRANSIT CENTER へ。

このルートだと、$0.75+トランスファーチケット$0.50の$1.25です。


la2-bus02.jpg

バス内、空いていればスーツケースをこんな感じで置けたりしますが、混んでいるとこんなこともできないので、ひたすらスーツケースを抱えて、荒い運転に耐えなければいけませんが・・・。
(行きは、バスが混んでいたのですが、心優しいアメリカ人が、「ここ座りなよ」と席に座らせてくれました。)

関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/08/24 05:04 ] LA旅行2008 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kstyle0518.blog9.fc2.com/tb.php/861-2ef3183b










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。