スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ノースウエスト ビジネス vs エコノミー(機内食編)

飛行機に乗ったら、恒例の機内食の紹介です。

今回はビジネスクラス&エコノミークラスの両方に乗れたので、バッチリ比較できます。



さてさて、お待たせしました、ノースウエストビジネスクラスの夕食です。
ビジネスクラスは、コースで運ばれてきます。
そして、ガラスのグラス、お皿は陶器です。

ちなみに僕は、洋食/牛を頼みました。
la2-air15.jpg
右  : 鶏の照り焼き、海老手まり寿司、の前菜
左上 : グリーンサラダ
左下 : パン各種

 前菜の鶏の照り焼きは、照り焼きさている感じがなく、テリヤキソースは確認できました。確実に胸肉な感じでパサパサしていました。バラの様に巻いてある物、生ハムだと思って食べたら、ショウガでした。
 パンは、ガーリックがものすごい効いていて、効き過ぎている所が美味しかったです。


la2-air16.jpg
右  : 牛ヒレ肉グリルのグリーンペッパー・ソース、マッシュポテト、スナップエンドウ、赤ピーマン

 ステーキという名に負けてしまいました。肉はパサついていてジューシーではありませんが、柔らかかったです。肉自体にあまり味がなく、こういう素材勝負の品は、素材がよくないとおいしくありません。

妻は、和食を頼みました。
la2-air17.jpg
左上 : 鴨肉のしんじょ
左下 : ごはん(ちまきの中に入っています。)
中上 : 茶蕎麦と海老の胡麻だれ
中下 : 鮪、イカ、いくらのお造り
右上 : お茶
右下 : みそ汁

 鴨肉のしんじょは、鴨は感じられませんでしたが、しんじょとしてはごく普通。
 刺身もごく普通でしたが、機内でいくらが出たことにびっくり。
 味噌汁は、完全にインスタントの味がしました。
 ご飯は、ちまきの中に、俵型になったご飯が6個。米は美味しかったです。
 茶蕎麦は、ごまだれとのマッチングがすばらしく、美味しかったです。

la2-air18.jpg
中  : 鱈のみそ焼き 季節のお野菜の煮物

 これも、ごく普通な感じです。まずくはありません。よくある味です。

デザート(2人分)
la2-air19.jpg
新鮮なフルーツ(ブドウ)
ゴーダチーズ、カマンベールチーズ
グルメ・ケーキと、クッキー

 ケーキは、超がつくほどアメリカンな甘さです。横に添えられているクッキーは美味です。僕はケーキは食べず、チーズとクラッカーで満足です。


続きまして、ビジネスクラス朝食です。
ちなみに僕は、名誉挽回とばかりにビーフを選択
ごまかしてある系だったら、美味しいかと。
la2-air20.jpg
左上 : 暖かいパン
左下 : 新鮮なフルーツ
右下 : 牛オイスターソース炒め、炒めビーフン

 炒めビーフンは、なんか素麺みたいな感じ。暖かいアジア風温麺?みたいな感じ。
 相変わらずビーフが美味しくない。ビーフが無ければ結構得点高い味でした。


妻は、エッグをチョイス( あともうひとつの選択肢はシリアル、ヨーグルト、バナナ)
la2-air21.jpg
左上 : 暖かいパン
左下 : 新鮮なフルーツ
右下 : マッシュルーム・オムレツ、ハム、焼きトマト、アスパラガス

 最初の予定は、マッシュルーム・オムレツでしたが、数が足りなくなってしまい、CAが「パンケーキでいいかしら?いい匂いよ!!」と、ごり押ししてきたので、パンケーキ。
 いい匂いかもしれないけど、ごく普通。



続きまして、ノースウエストエコノミークラスの夕食です。
la2-air28.jpg
左上 : クッキー
左下 : ローストチキン・アジアゴとパルメザンチーズクラストがけ、にんじんライス、さやインゲン
右上 : パン
右中 : サラダ
右下 : 海老のカクテル

 ビジネスクラスでのビーフが、全然だめだったので、今回はチキンを選択。これがまた胸肉でパサパサ感がありましたが、こういうジャンクな感じが、いい味するんです。
la2-air29.jpg
 海老がものすごく好きで、海老を出しとけば基本的に僕は間違いないです。
 ジャンクな感じなので、海老も混ぜ混ぜして食べました。 


おやつにアイスが配られました。
la2-air30.jpg

 オレオアイス?みたいなクッキーサンドアイスな感じです。


次は、エコノミークラスの朝食です。
la2-air31.jpg
左上 : お茶
左下 : 豚の照り焼き入り炒飯
右上 : オレンジジュース
右中 : マフィン
右下 : フルーツポンチ

 炒飯は美味です。炒飯と書いてある時点で間違いないのですが、それプラス、ジャンクなソースがかかっています。これがまた、味をごまかしてる系で美味しかったです。


 妻はエッグを選択。
la2-air32.jpg
左上 : お茶、リンゴジュース
左下 : コルビージャック・チーズのオムレツ、ローストレッドスキンポテトとポーク・ソーセージ
右上 : オレンジジュース
右中 : マフィン
右下 : フルーツポンチ

 これもチーズの風味が効いたオムレツです。普通です。



 ビジネスクラスはよほど美味しい料理を出すんだなって思っていましたが、なんか高級そうに見えるだけで、さほど美味しいとは思えませんでした。僕の舌がエコノミークラス慣れしているからかもしれませんが、エコノミークラスのジャンクな感じが、自分には合っています。
 まぁ、これが日本の航空会社のビジネスクラスだったら、話しは違うかもしれませんが・・・。

 まぁ、食事メインな訳じゃないから、しょうがないと思います。僕ら荷物なんだから、食事を出してもらえるだけありがたいと思わなきゃ。

 けど、毎回機内食というのは楽しみになってしまうんですよね。


 今回のビジネスクラスvsエコノミークラスの機内食対決は、エコノミークラスの夕食の、「ローストチキン・アジアゴとパルメザンチーズクラストがけ、にんじんライス、さやインゲン」でした。

 
関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/08/20 06:38 ] LA旅行2008 | TB(0) | CM(2)

食事とツマミ

とても面白い比較だなぁ。
しかも、B級グルメなふじさんの視点がスバラシイなぁ。
でも、量的にはビジネスではないでしょうか?

僕の場合、機内食は酒の『ツマミ』としての存在しかなく。
ビール→ワイン→ウイスキーと飲み続けていく中の、定期的ツマミになってしまいます。
いつも、夕飯は肉だな。朝はタマゴだな。朝食は寝過ごして食べないパターンが多いな。
[ 2008/08/23 12:16 ] [ 編集 ]

確かにビジネスクラスの量は多かった。
座っているだけだから、こんなに要らないよ。(ほぼ残さず食べたけど)

少年時代、飛行機の機内食という物は、ものすごい高級で食べ放題というイメージがあって、飛行機乗ったら永遠に食べ続けてやるんだって思っていて、初めて飛行機に乗った時に国内線で機内食が出なかった時、すごい残念な気持ちになったな(中学時代)

今一番気になるのが、大韓航空の機内食のビビンバ。
いろんな人のブログを見る感じ、誰もが旨いと書いてあるので。
[ 2008/08/24 03:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kstyle0518.blog9.fc2.com/tb.php/863-c57942fb










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。