スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

正反対の言葉

「ハイ!よろこんで」

外食をしたことがある人なら、一度は耳にしたことがあると思います。


「ハイ!よろこんで」

苦しいときにも、よろこんで!辛いときにも、よろこんで!くやしいときにも、よろこんで!悲しいときにも、よろこんで!(大庄ホームページより)

お客様に対して、店に来てくれてありがとうございます。さらに、注文までしてくれるんですか??喜んで注文を承らせて頂きます的な。

最近では、いろんなお店でこのフレーズが使われています。
こういう心構えの店だったら、ものすごく気分が良くどんどん注文しちゃうでしょう。

飲食店って、店員の接客がものすごい大事。その店員の接客で、その美味しい料理が台無しになってしまう事だってあるわけです。

お客に気分良く料理を食べてもらうという意識が大事だと思います。


そういう意識があるのだったら、「ハイ!よろこんで」っでいうフレーズだって、ものすごく威勢のいい言葉になり、ものすごいいい笑顔で対応してくれるはずです。


とある飲食店で、注文の際に店員を呼び止め、注文しました。
この店も、そのフレーズを言うというマニュアルがあるのでしょう。

「ハイ!よろこんで」


その店員、めちゃめちゃ喜んでいませんでした。

まぁ正直なところ、バイトレベルじゃどう考えたって、喜びはしませんよ。喜びはしないのはわかってるけど、大抵「お前絶対喜んでないだろ」とは思いません。

その時の言い方が、「なんだよかったるいな~、俺に注文頼むなよなぁ、めんどくせーなー。」という思いのこもった「ハイ!よろこんで」でした。


「ハイ!よろこんで」とか、全く言わなかったら、何も思わなかったかもしれません。

ときに言葉とは、言い方によって、180度意味が変わるということです。


僕も嫌いな先輩に、急な仕事の依頼をしてきたら言ってやろうと思います。


「ハイ!よろこんで」
関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/11/03 03:28 ] 生活 | TB(0) | CM(3)

すげぇ自虐的!
[ 2008/11/04 07:59 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/11/09 23:46 ] [ 編集 ]


超ウケた。
[ 2008/11/11 05:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kstyle0518.blog9.fc2.com/tb.php/884-c8ba0f46










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。