スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

麻痺もっこり

まりもっこり。

未だ流行が衰えなく、道の駅等に行けば必ずご当地まりもっこりにをお目にかけることができ、もはや流行ではなく定番化したことを感じさせる商品になりました。
僕も、会社の後輩が熱海城で買ってきてくれた、「ふじもっこり」のストラップを携帯につけています。

まりもっこりの派生版と言えばいいのか、パクリ商品と言えばいいのか微妙なところですが、鈴付きのストラップは歩くと「チリンチリン」音が鳴ってしまうのが難点です。

まぁけど、卑猥なキャラクターがよくもここまで人気を得ることができたと、感心させられます。

商品の名前を考えているとき、「○○もっこりにしよう」「やだー、最低ー!!」という女子社員との掛け合いなんてないんでしょうね。

むしろ、「○○もっこりなんてどう?」「かーわーいーいー!!」なんてキャピキャピしちゃっているんだと思います。

麻痺しちゃっているんだと思います。
天然記念物のまりもも、まさかこんな感じで擬人化されるなんて、思ってなかったでしょうね。

むしろ、もっこりは、卑猥では無いのか?
もっこりは、かわいいのか?

全然関係のない伊豆の天城という場所でこんな飲み物を見つけたのだけれども、どうも僕には「かわいい」という4文字では片付けられない商品ではないかと・・・。

081206-01.jpg

女性の前で「まりもっこりのストラップを自慢しながら見せる」のと、女性の前で「もっこりパワーを飲む」という行為。

前者は洒落になるが、後者は洒落にならないと思う。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/12/08 03:41 ] 生活 | TB(0) | CM(2)

一発いっとく

まりもっこりは、目が『ついでにとんちんかん』の抜作先生だな。
[ 2008/12/09 00:34 ] [ 編集 ]

会社の同僚に「とんちんかん」の話しをしたとき、「とんちんかん」を知らないと言われ、歳の差を感じました。
[ 2008/12/13 22:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kstyle0518.blog9.fc2.com/tb.php/888-0c20f78f










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。